減量・ダイエット飯

ハムはダイエット的に食べてもいいの?ダイエット的には〇健康上は×

鳥むね肉が飽きてしまったので最近ロースハムに切り替えました。 たんぱく質もそこそこあるようなので成分的には問題ないと思っていますが、実際のところどうでしょうか?

ダイエット中にハムを食べてもいいのか?
食べるとしたらどんなハムがいいのか?
ロースハム?ももハム?

ある質問が質問箱を経由してきた。

質問者
質問者
鳥むね肉が飽きてしまったので最近ロースハムに切り替えました。
たんぱく質もそこそこあるようなので成分的には問題ないと思っていますが、実際のところどうでしょうか?

今回は質問にお答えしていこう。

さきに結論だけお伝えする。

ゆもz
ゆもz
PFC(たんぱく質、脂質、炭水化物)のバランスを見ただけなら、ローファットダイエットをしていると数値は悪くないと思う。
ハムの中でいえば、ももハムの方が脂質が低くてオススメ。

でも、加工肉であることからあんまり頻繁に食べることをオススメはしない。

詳しくお伝えする。

ロースハムの栄養素・カロリー・PFC

ロースハムによって脂質量や糖質量というのは変わってくる。

例えば、Slismによると、ロースハムの栄養素は以下のようになる。

Slismロースハムカロリー栄養素 PFC

一方、スーパーなどでは様々なハムが売られており、その中には脂質の低いものもあるだろう。ハム脂質が低い栄養素PFC

この画像はロースハムよりもさらに脂質の低いももハムであるが、この商品だと脂質量が1gと超低脂質である。

ももハムの栄養素

  • P=14.6g
  • F=1.0g
  • C=4.8g

そして、この栄養素は低脂質ダイエット(ローファット)をしている人からすれば、かなり良い数字ともいえる。

ゆもz
ゆもz
ハム(特にももハム)は数字だけ見れば、ダイエットに有効だといえる
でも、ここで数字だけを見れば!
と言っていることは、何か別の問題があるの?
ゆもz
ゆもz
そうなのさ。
成分上はオススメできるはずのハム。
このハムを必ずしもオススメできない事情があるんだ。

ハムは健康上あまりお勧めではない

ハム=加工肉の発がん性というリスク=体にいい食べ物ではない

WHOは「毎日、加工肉を毎日50g以上食べると大腸がんのリスクが18%増える」と指摘している。

※WHO=世界保健機構

ここでいう、加工肉とはハムやソーセージ、ベーコンなどの肉のこと。

まず、発がん性のリスクという問題がある。

ベストセラーになった書籍内でも、加工肉は一番体に良くない食品としてランクイン

ハムがあまり体に良くないということを伝えいている書籍がある。

こちらの本はベストセラーになった書籍だ。
(必ずしもすべての内容に同意できるわけではないが……)

一時けっこう話題になったから知っている人、読んだこともある人が多いんじゃないかな。

書籍の内容を一部要約すると、

本当に健康に良いと考えられる食品は5つ

  • 野菜、果物
  • 茶色い炭水化物
  • オリーブオイル
  • ナッツ類

健康に悪い食品トップ3

  • 赤い肉と加工肉
  • 白い炭水化物
  • バターなど飽和脂肪酸

ちなみに肉の中で1番オススメされているのは鶏肉

というわけで、加工肉はやめておけ、という内容になっているわけだ。

以上の内容から、ハムは健康上、あまりオススメできるものではない。
というのが結論である。

質問者さんの質問に戻ろう。

結局ロースハムはダイエットにどうなのでしょうか?

鳥むね肉が飽きてしまったので最近ロースハムに切り替えました。 たんぱく質もそこそこあるようなので成分的には問題ないと思っていますが、実際のところどうでしょうか?

質問者さんの質問にしっかりと答えよう。

質問者
質問者
鳥むね肉が飽きてしまったので最近ロースハムに切り替えました。
たんぱく質もそこそこあるようなので成分的には問題ないと思っていますが、実際のところどうでしょうか?
ゆもz
ゆもz
PFC(たんぱく質、脂質、炭水化物)のバランスを見ただけなら、数値は悪くないと思う。
ももハムなんかは相当優秀なPFCだともいえる。

しかし、加工肉であることからあんまり頻繁に食べることをオススメはしない。
理由は健康上あまりよくないから。
論文でも発がん性に関係あることが証明されているから。

でも、たまに食べるくらいなら全然大丈夫よ。
質問者さんはたんぱく源を
鳥むね肉→ロースハムに切り替えたとのことだけれど、そうなると毎日ハムを食べているのかな?
それは正直やめた方がいいと思うよ。

以上、参考になれば幸いだ。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です