食事

バターとグラスフェッドバターの栄養成分の違い【研究結果をもとに紹介】

完全無欠コーヒーの中に入れるバターとして一躍有名になった商品、それが“グラスフェッドバター”であろう。

そして、一度は思ったことがあるはずだ。

  • バターとグラスフェッドバターの違いって何?
  • あまり違いがなければ、普通のバターをコーヒーに入れたい

今回はそんな悩みを解決すべく、バターとグラスフェッドバターの栄養成分の違いを考えたい。

本当にグラスフェッドバターが健康にいいのか?その根拠も提示していけたらと思う。

グラスフェッドバターの特徴【栄養成分】

グラスフェッドバターは

  • グラス(草)
  • フェッド(餌として与えられた)
  • バター(バター)

という言葉通り。
牧草を与えられて育った牛の乳から作られたバターである。

インターネットで誰が書いたか分からないサイトの文章を読むと、

グラスフェッドバターは

  • 普通のバターよりも不飽和脂肪酸、特にオメガ3が多く含まれている
  • オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は2:1というバランス
  • 普通のバターよりも共役リノール酸(CLA)が多い

なんてことが書いてある。
が、根拠がまるでない

しょうがないので、俺が論文ベースの記事を含め詳しく調べたよ。

グラスフェッドバターはオメガ3脂肪酸が普通のバターよりも多い

スイスのベルン大学の論文にて、グラスフェッドバターにはオメガ3脂肪酸が普通のバターよりも多いことが述べられている※1

では、どれくらい多いのか?

これまた、別の研究(※2)によると、グラスフェッドバターは普通のバターよりも、オメガ3が平均的に26%ほど多いということが分かった。

ただ、元々バター内にはオメガ3の量は非常に微量である。

オメガ3をバターで摂取しようなんて思わない方がいい

参考↓バター100gの栄養(脂肪酸)

成分名 単位



4:0 酪酸 4 g
6:0 ヘキサン酸 2 g
7:0 ヘプタン酸 g
8:0 オクタン酸 1 g
10:0 デカン酸 3 g
12:0 ラウリン酸 4 g
13:0 トリデカン酸 g
14:0 ミリスチン酸 12 g
15:0 ペンタデカン酸 1 g
15:0 ANT ペンタデカン酸 1 g
16:0 パルミチン酸 32 g
16:0 ISO パルミチン酸 0 g
17:0 ヘプタデカン酸 1 g
17:0 ANT ヘプタデカン酸 1 g
18:0 ステアリン酸 11 g
20:0 アラキジン酸 0 g
22:0 ベヘン酸 0 g
24:0 リグノセリン酸 0 g




10:1 デセン酸 0 g
14:1 ミリストレイン酸 1 g
15:1 ペンタデセン酸 0 g
16:1 パルミトレイン酸 2 g
17:1 ヘプタデセン酸 0 g
18-1 22 g
18:1n-9 オレイン酸 g
18:1n-7 シスバクセン酸 g
20:1 イコセン酸 0 g
22:1 ドコセン酸 0 g
24:1 テトラコセン酸 0 g




16:2 ヘキサデカジエン酸 0 g
16:3 ヘキサデカトリエン酸 0 g
16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0 g
18:2 n-6 リノール酸 2 g
18:3 n-3 α−リノレン酸 0 g
18:3 n-6 γ−リノレン酸 0 g
18:4 n-3 オクタデカテトラエン酸 0 g
20:2 n-6 イコサジエン酸 0 g
20:3 n-6 イコサトリエン酸 0 g
20:4 n-3 イコサテトラエン酸 0 g
20:4 n-6 アラキドン酸 0 g
20:5 n-3 イコサペンタエン酸 0 g
21:5 n-3 ヘンイコサペンタエン酸 0 g
22:2 ドコサジエン酸 0 g
22:4 n-6 ドコサテトラエン酸 0 g
22:5 n-3 ドコサペンタエン酸 0 g
22:5 n-6 ドコサペンタエン酸 0 g
22:6 n-3 ドコサヘキサエン酸 0 g
未同定 g

栄養情報よりバターの栄養素(脂肪酸)抜粋

バター内にオメガ3がいかに少ないかよくわかると思う。

そもそもバターはほぼ飽和脂肪酸でできているのだ。

飽和脂肪酸というのは、食べることを可能な限り避けた方が良いとされる脂肪酸のこと。
例外はMCT(オイル)。

MCTオイルの素晴らしきダイエット効果と飲み方【飲むだけで痩せる?】
MCTオイルの素晴らしきダイエット効果と飲み方【たった10g飲むだけで痩せる?】完全無欠コーヒー、ココナッツオイル。 近年健康に対する意識も高まってきており、MCTオイルの存在も少しずつ認識されてきたように思う...

オメガ3脂肪酸は脂質の中で最も健康によく、最も意図的に摂取すべき栄養素である。

  • 脂肪燃焼効果
  • 血液をサラサラにして、血管系の疾病を予防する効果
  • 記憶力向上

などの効果がある。
健康にもダイエットにも超重要な成分だ。

グラスフェッドバターはCLAが普通のバターよりも多い

牧草で飼育された牛の乳製品は、通常の乳製品よりも最大で500%以上CLA(共益リノール酸)が多い可能性がある。(※3)

ウィスコンシン大学の研究によると、

  • トウモロコシを餌として与えた牛からとれた牛乳中の共益リノール酸は、3.8~3.9mg/g
  • 牧草地に放牧され、補足飼料を与えられていない牛は、典型的な乳用飼料を与えられた牛よりも乳脂肪中の共役リノール酸が500%多かった。(22.1mg/g)

これはプラスの効果といってもいい。

CLAの効果

  • 体脂肪率の合成を抑える
  • 体脂肪の減少を促進する(※4)
  • 体脂肪の燃焼を促進するような効果がある。

詳しくは↓

CLA(共益リノール酸)の効果とは?サプリメントとして摂取すべきか?
CLA(共益リノール酸)の効果とは?サプリメントとして摂取すべきか?CLAは共益リノール酸と呼ばれる。 ダイエット時にオススメされるときもあるので、たまに名前を聞くかもしれない。 牛製品などに...

値段がグラスフェッドバターの方が圧倒的に高い

これは我々の財布に関する問題だ。

グラスフェッドバターは日本ではほぼ作ることができていない。

さらに、バターを作る効率が悪いため、どうしても費用がかかってしまう。

楽天である程度安いものを探しても、1㎏近くで5000円くらいはする。


ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍

アマゾンのベストセラー品だと1㎏ℊで3000円弱くらい。
それを健康のため、と割り切って購入できるのならいいだろうが、そういう人が多数派でないことも分かる。

ちなみに普通のバターは200gで500円しない。

グラスフェッドバターじゃなくて、普通のバターでよくね?

確かにグラスフェッドバターは多少栄養素もいいかもしれない。

しかし、所詮、バターでオメガ3も大して量が多くないし、値段も高い。

多少CLAが高いだけのバターと俺は思ってしまうのだ。

値段も数倍違うのだから、よっぽど余裕がある人は普通のバターでもいい気はしてこないだろうか?

完全無欠コーヒーでは確かにグラスフェッドバターを使用するように言っているが、俺に言わせれば効果に対して違いはないだろう。

CLAはサプリでとっちゃえばいいし。オメガ3だって同様だ。

ダイエットガチ勢が完全無欠バターコーヒーを進化させてみた【ボディメイクガチ勢の完全無欠コーヒー】“飲むことで1日0.5㎏痩せる!?” 日本でも一時期ブームになって、いまだに名前を聞くことのある完全無欠コーヒー。(もしくはバター...

バターVSグラスフェッドバター まとめ

バター グラスフェッドバター
値段 安い(200g 400円) 高い(1㎏3~5000円)
CLA量 少ない バターの5倍
オメガ3 ほぼない バターより26%多い(元々がほぼない)

特別グラスフェッドバターを否定する理由もないけど、特別使用する理由も感じないかな。

参考文献

  • ※1 Increased concentrations of omega-3 fatty acids in milk and platelet rich plasma of grass-fed cows.
  • ※2 Characterization of Retail Conventional, Organic, and Grass Full-Fat Butters by Their Fat Contents, Free Fatty Acid Contents, and Triglyceride and Fatty Acid Profiling
  • ※3 Conjugated linoleic acid content of milk from cows fed different diets.
  • ※4 Resveratrol: antiobesity mechanisms of action

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です