スポーツジム

これからジムに通う人に伝えたいこと。なぜそんなにランニングマシンで走るのか?

最近、ジムに新しい人が増えてきた。
春だから、新年度だから。

季節や年度の変わり目で新たなことに挑戦しやすい時期でもある。

新たな人の流入は大変喜ばしいことだ。
フィットネス人口も増え、それが連鎖となる。

トレーニング仲間が増えることは大歓迎だし、多少筋トレを始めるのが早かった身ではあるが、何かしら力になれたらうれしいとも思う。

初心者の人たちの行動で1つ疑問に思うことがある。
なぜ、そんなに必死にランニングマシンを使うのか?

別に有酸素運動を否定するわけではない。

  • 運動不足の解消
  • 有酸素運動の能力向上

これらが目的でジムに通おうと思っている人がいることも重々承知している。

ただ、もしあなたががある程度筋肉をつけて、かっこいい体になりたい!

脂肪を落として締まった体になりたい!!

そういう目的のであるなら、ガンガンランニングマシンやサイクリングマシンを使用するには違う
そう伝えておきたい。

その“ある程度の筋肉量”は人によって違うだろうが、おそらく、初心者にはエグザイルのような体が理想ではないだろうか?

細マッチョというやつだ。

素晴らしい。社会人になって、学生や高校生のころとは似ても似つかぬ体になってしまった。

いつの間にか脂肪がお腹に乗ってだらしない体になった。

ガリガリすぎるからもっとがっしりとしたカッコいい体になりたい。

そのどれもが素晴らしい夢だ。

ぜひ応援したい。

だからこそ伝えたいことがある。

何故、そんなに走り続けるのかと。

本当にあなたに必要なことはランニングをすることなのかと。

君がかっこいい体をつくるために有酸素運動はそこまで重要ではない

女性街中ランニングジョギング

結論から伝える。

あなたの目標が

  • 体を引き締めたい
  • 筋肉をつけてカッコいい体になること
  • 女性で体を引き締めつつ綺麗な体になりたい

これらのことである場合、有酸素運動が最適解にはならない。

はっきり言えば有酸素の優先度は低い。

痩せる&体を引き締める

この目標を達成するために有酸素運動が全く必要ないとは言わない。

しかし、痩せるために一番必要なことは食事のコントロールだ。

運動、特にランニングやジョギングで痩せることのできる脂肪量なんてたかがしれいている。

食べた分が使う分よりも多ければ脂肪といて蓄えられるし、
食べた分が使う分よりも少なければ痩せていく。

ベースにあるのはこのカロリーのプラスマイナスの話。

20万円の収入があります。

20万以上使えばお金が足りなくなる(赤字)し、20万以下に出費を抑えればお金は残る。

これと同じ。

ある分(食べる分)以上、消費すれば痩せる。

ある分(食べる分)より消費しなければ、脂肪や筋肉として蓄えられる。
(筋肉として蓄えられるためには、筋トレが必須)

ランニングやジョギングは辛さの割に効果が薄いというのが正直な感想だ。

それよりも食事のコントロールをして痩せるようにした方が良い。

大事なのは食事コントロール×筋トレ

そのうえでさらに+αとして有酸素運動が候補に入る。

これが俺の結論。

筋トレすることで脂肪が燃焼しやすい体(長期的に見て太りにくい体)になるし、そもそも筋トレだってハードな運動。

カロリーも大きく消費する。

関連記事

筋肉をつけてカッコいい体になること

筋トレの後有酸素運動をすることで脂肪がより燃焼されるという話がある。

そこに対しては特に異論はない。

ただ筋肉をつけることを最重視した場合は、有酸素運動は場合によっては筋肉を減らすマイナス要因にもなりかねない。

特にジムで長時間運動することになるので、BCAAやEAA、プロテインを途中で飲まない場合は特に筋肉が分解されやすい。

筋肉をつけるうえでも一番大切なのは

  • 筋肉をつけるための食事
  • 筋トレ

この2つだ。

女性で体を引き締めつつ綺麗な体になりたい

有酸素運動じゃない、すべきは筋トレや


女性が綺麗な体を作るのは足や尻トレ

まとめ

ジムで何をすればよく分からない

そういった意見もよくわかる。

どんなメニューをすればよいのかもわからないし、筋トレの方法もよく分からない。

だからとりあえず、やり方の分かるランニングをする。

ただ、マシンのスタートボタンを押して、速度を少し上げて走るだけなのだから、簡単。

誰でもできる。

ランニングすればある程度全身に疲労がたまるし運動した気になる。

でもそれが果たして本当にあなたのなりたい体への正しいルートになっているか今一度考えてほしい。

 

とりあえず、筋トレしようぜ。

筋トレのBIG3が肉体改造に効果的な6つの理由【ベンチプレス・スクワット・デッドリフト】

関連記事:有酸素運動がダイエットや減量に必ずしも効果的ではない5つの理由

もしこの記事がお役にたったら
いいね ! よろしくお願いします

大人気のアカウントをTwitter で

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です