脂質の役割とカロリー

脂質の役割

脂肪(内臓脂肪や皮下脂肪)と混同されやすく、悪者扱いされやすい脂質ですが、タンパク質炭水化物とともに3大栄養素と呼ばれるだけあって、大切な役割があります。

脂質オリーブオイル

エネルギーの貯蔵の役割

1gあたり9kcalのエネルギーを発生します。中性脂肪は皮下脂肪として脂肪組織に蓄えられ、体温の核酸を防いだり、内臓脂肪はクッションとして臓器の保護の役割をもっていたりします。
スポンサードリンク

細胞膜や細胞内の構成成分

細胞の表面である細胞膜の40%は脂肪でできています。水分の流失を防いだり、乾燥を防いだりする役割があります。

コレステロールの構成成分

コレステロールは上記の働きにも関係している上に、さらに胆汁酸やステロイドホルモン、ビタミンDの減量ともなっています。

脂溶性ビタミンやホルモンの構成

水ではなく油脂に溶けるビタミンがあります。これらの吸収に大きくかかわります。

ホルモンなど体の様々な部分で材料にされています。

 

脂肪酸

脂肪は、体内に入ると、脂肪酸というものに加水分解されます。そして脂肪酸は飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けることができます。

飽和脂肪酸:冷えると固まる。ラードやバターなど。

不飽和脂肪酸:冷えても固まらない。魚の油や植物性のリノール酸やリノレン酸など。酸化しやすいことが特徴です。

そしてこの不飽和脂肪酸の中には体内でつくることができないものがあります。それは必須脂肪酸と呼ばれています。

わかりやすい図があったので引用させていただきます。

必須脂肪酸オメガ3オメガ6図

www.icelandomega3.jpり引用

必須脂肪酸

オメガ6系とかオメガ3系と言われ分類されています。

オメガ3

ω3系の代表的なものはリノレン酸です。

具体的には、亜麻仁油(フラックスオイル)、魚の油、しそ油、えごま油など

ここら辺のものは足りてなければならないものです。足りていなければ免疫力が弱まったり、皮膚に異常をきたしたり、臓器に悪影響を及ぼしたりします。

オメガ3系は不足しがちです。

オメガ6

オメガ6系の代表的なものがリノール酸です。

具体的には、コーン油、ヒマワリ油、アーモンド油、大豆油、ごま油など

簡単に言うと、身近にある油はだいたいこれです。

しかしオメガ6系を過剰摂取してしまうと副作用があります。

がん細胞のプロモーター効果であったり、細胞の老化促進であったり、食細胞機能の低下であったり、免疫抑制効果であったり……

現代人はオメガ6系の脂質をとりすぎています。

 

ω3系:ω6系の比率は1:4で摂取するのが理想であると言われていますね。

しかし現代人は現状

オメガ9

これは必須脂肪酸ではありませんが、けっこう栄養価も高く可能ならばとったほうが好ましいものです。

具体的にはオリーブオイル、キャノーラ油、アボカド、ミックスナッツなどです。

脂肪のカロリー

脂肪のカロリーは1gあたり9kcalです。これは炭水化物やタンパク質(1gあたり4kcal)とは異なりエネルギー源としてかなり優秀であると言えます。

だからこそ、炭水化物にしろ、脂質にしろ、タンパク質にしろ、余った分は脂肪として蓄えられます。(糖が体内にある環境でのこと)

ちなみに脂肪のつきやすさは、炭水化物>脂質>タンパク質です。

次の記事:良質な脂質と摂取を控えたい脂質

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ