細マッチョになるために鍛えるべき筋肉は?


細マッチョになるためにはどこを鍛えるべきか

初心者のための筋トレメニューを考える前に、まず細マッチョになるために鍛えなければならない箇所を確認しましょう。どこをどうして鍛えるのか、その重要性について知っていただきたいです。

スポンサードリンク

細マッチョになるために優先して鍛えるべき筋肉

鍛えるべき基本的に細マッチョになるために、そしてバランスのとれた筋肉質な身体をつくるために、優先的に鍛えるべき筋肉は胸、背中、肩、が最重要です。つまりこれらの筋肉を使う筋トレを中心にしていくと細マッチョになりやすいということです。

次点で腹筋お尻もも、そしてがくると考えています。

胸や背中、肩を鍛えることで、裸の状態の時は言わずもがな、服を着ている状態でも身体に厚みが出て、男らしい身体になってきます。また、胸、背中、肩をしっかり鍛えることで逆3角形が強調されやすくなり、理想のかっこいい身体に近づくでしょう。

皆さんは腹筋や腕の筋トレがどうして、あまり優先度が高くないのか気になると思います!!

ここでどうして腹筋や腕の筋トレが胸、背中、肩の筋トレに比べ、比較的重要ではないのかという理由について触れておきましょう。もちろん何もしなくていいというわけではありませんが。

胸、背中、肩の筋トレの優先度が高い理由は大きく分けて2つあるんです。

細マッチョ男性モデル

胸、背中、肩の筋トレを優先するべき理由①

胸や背中、肩の筋肉は何よりシルエットに大きく影響が出ます。かっこいい逆三角形の身体をつくるためにはこの部位の筋トレは外せないことは何度でも言っておきます。そして腹筋や腕の筋トレよりも優先する理由は、胸や背中、肩の筋トレで鍛えられるのです。

後に紹介する筋トレ(特にフリーウェイト)では、腹筋や腕の専門の種目ではないにもかかわらず、腹筋や腕をかなりつかいます。初級者のうちは、あえて腕や腹筋は鍛えなくてもそれらの筋トレで十分鍛えられてしまうのです。もちろん余裕のある方は腕や腹筋も鍛えていただいて構わないのですが、体幹の筋肉である胸、背中、肩(や脚)の筋トレに焦点を当てていただいて、細マッチョのベースとなる身体づくりに励んでもらったほうが細マッチョには早めに到達できます。

胸、背中、肩の筋トレを優先するべき理由②

胸や背中、肩の筋肉の方が腹筋や腕の筋肉に比べて大きいです。

この場合脚や尻の筋肉についても言えますが、大きい筋肉を鍛えた方が消費カロリーが大きいんです。なので運動での消費カロリーが増えるので、単純に大きい筋肉を鍛えた方が痩せやすいと言えます。

そして大事なのが成長ホルモンです。筋トレをすると成長ホルモンが分泌されて、それが大きく筋肥大に影響します。これは大きな筋肉を鍛えればより多くの成長ホルモンが分泌されます。つまり腹筋より大きな胸や背中の筋肉を鍛えた方がいいということです。同様の理由で、人間の最大の筋肉である脚やお尻の筋肉を鍛えることも大切です。これにはスクワットが最適です。

皆さんは細マッチョと言ったら割れた腹筋のイメージが強いと思います。割れた腹筋は分かりやすい細マッチョのイメージで、おそらく皆さんの目標の1つでもあると思います。

しかし、割れた腹筋をつくるために腹筋の筋トレよりも大切なことがあります。

腹筋について。実は腹筋は、その構造上人間誰しも割れているんですよ。ただ割れていないのは腹筋の上に脂肪が乗っているから。なので一般的に言う割れた腹筋を作り出すためには、どちらかと言うとお腹の筋トレを頑張るよりも、体脂肪を下げるための食生活の改善や減量に力を入れた方が結果に結びつきます。

最低限の筋肥大を狙うために、多少の腹筋は必要なのが間違いないです!しかし、特に腹筋だけの筋トレをたくさんやる必要はなく、だったら他の胸、肩、背中の筋トレをした方が細マッチョに直結するということなんです。

まあ腹筋は細マッチョの見た目上、どうしても外せない部位であるのでまるっきり鍛えなくてよいというものではありませんが、1つか2つの腹筋を週に1~2回やればそれで十分です。

腹筋の筋トレをやらずに腹筋が割れてる細マッチョも世の中にはいらっしゃるのが現状です。

腹筋の割り方について、詳しくは細マッチョの腹筋の割り方についてご覧ください。

まとめ

  • 細マッチョになるために積極的に鍛えるべきは胸、背中、肩(+脚)である。
  • 初級者のうちはそれらの筋トレで十分に、腹筋や腕も鍛えることができる。
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ