細マッチョとは?芸能人を例に考えてみよう


細マッチョとは?

細マッチョ、細マッチョ言うけど、いったい細マッチョってなんなんだ!?

皆さんも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?

有名芸能人から見る細マッチョ

細マッチョの傾向を有名人から読み取ってみましょう!!

まず、細マッチョと言われている芸能人を何人かあげていきます。

最近のテレビだと、けっこう筋肉関係の話題が取り上げられることも少なくないですよね。

スポンサードリンク

元サッカー選手の中田英寿選手

モデルのような仕事のこなしていますね。ファッション誌に登場することもあるようです。

海での中田英寿 細マッチョ

俳優の金子賢さん

素晴らしい身体です。ベストボディという大会では準優勝に輝いたこともあり、かなりストイックにボディメイクに励んでいます。

卵の黄身はいっさい食べず白身だけ食べる徹底ぶりは管理人もまねできません。

金子賢の上半身 ベストボディ

レイザーラモンHG

一時期ハードゲイでテレビをにぎわせた一発屋と言えばよいのでしょうか。(元?)芸人さんですね。

彼も雑誌の表紙を飾るほどの肉体をしています。

非常に鍛えこまれていますね。

レイザーラモンHG 肉体美レイザーラモンHG 細マッチョ 肉体美

彼もベストボディでいいところまで進んでいましたね。

ボクサー役時代の山P

これはあしたのジョーを演じるときにそれに合して鍛えて、がっつり身体を絞った時の写真ですね。

ここまで絞るのはかなりハードだったと思います。

山Pもプロですね。素晴らしい肉体の一言。

山p 山下智久のボクサー役時の肉体美

EXILE

この人たちもダンスのプロのパフォーマーで、一回のライブでフルマラソン以上のカロリーを消費するということを聞いたことがあります。

また、EXILE内では体脂肪率が10%を超えるとデブ扱いされるとか。

皆さん大変締まった綺麗な身体つきですね。

エグザイル 細マッチョ

一番左に変なのいますね(笑)

など、色々いますが、けっこう筋肉の付き方はピンきりですよね!

共通点は体が絞れていることとは言えそうです!(脂肪が少ない!!)

それでも、どれが細マッチョなのかわからん!!

そう思われる方はたくさんいると思います。特にマッチョと細マッチョの違いが分からん。

細マッチョなんて所詮ガリガリ(某掲示板風に)なんて人もいますね。

腹筋さえ割れてれば細マッチョ。細マッチョって言葉はあいまいで、結構人によって異なるものです。特に明確な基準があるわけでもないんですよね。

西島秀俊(にしじまひでとし)

西島秀俊細マッチョ

脱ぐまではわからない胸板の厚さ。抱かれたい芸能人No.1でしたっけ?

脱いだ時のギャップと男らしい体に女性はメロメロ!?

細マッチョの基準とは

細マッチョ。とてもあいまいな言葉で人によって全然ニュアンスが異なります。特に筋トレを長期間している人では明らかに細マッチョなのか!?と疑問に思えるような方も少なくありません(笑)

ただし、今回このサイトでは細マッチョを以下のように、広い意味でとらえていきたいと思います。

  • 一般人より筋肉量が多いこと
  • 体脂肪率が低いこと(10%前後)

今回このサイトでは細マッチョはこの2つさえ満たしてれば細マッチョと言ってしまうことにします。

めっちゃ幅は広いんですが、あなたが目指すどの細マッチョにしても、基本的にやることは変わらないので、問題ないです(笑)

大切なのは継続してそれぞれの人が考える理想の細マッチョになろうと努力することですから

もし、この人は細マッチョじゃない、もはやマッチョだ!と思ったとしても、基本的な違いは筋肉量なので、自分の中で十分筋肉がついたな、そう思ったらそこで筋トレを軽めにして筋肉がそれ以上つかないようにすればよいだけなのです!!

細マッチョになるためには人より筋肉をつけて、体脂肪率を低くする必要があるというわけですね!

ここではあなたがなりたい理想の身体を思い浮かべてくださいねー

ちなみに自分はMarc fittが理想の身体です!!

いやあもう最高にかっこいいですヽ(*´∀`*)ノ

marc fitt

一般的な体からここまでの肉体に仕上げるには早くても2年はかかるでしょうねー

このyou tube の動画は自分が細マッチョになろうと思った1つのきっかけになったMarc fittの動画です。

モチベーションをあげたり、持続させたりする動画になるのと個人的に思っています。

いやあ、少しでも近づきたいものです!!

まとめ

細マッチョとは

  • 筋肉量が適度に多いこと
  • 体脂肪率を10%程度かそれ以下であること

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ