プロテインの種類と違いは?(ホエイ、カゼイン、ソイ、エッグ)



プロテインとは何か、そして効果と初心者は飲むべきかどうかとという話は前回のプロテインの効果と初心者が飲むべき理由とは?で書いた通りです。

今回はその話から発展してプロテインの種類についていくつか例とそれぞれの特徴、メリット、デメリットを中心に違いについて考えていきたいと思います。

(スポンサードリンク)

プロテインの種類

おそらく皆さんの周りにあるプロテインは主に3種類あります。

ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3種類です。

少しマイナーなプロテインも入れると、エッグプロテインビーフプロテインなんてものもあります。しかし、日本でふつうにプロテインの購入を考えている場合はあまり見かけることはないでしょう。作られている成分が普通と違っていて珍しいです。アメリカなどの海外製のプロテインなどで見かけることがあります。

プロテインの違いは何からそのプロテインが作られているか?吸収時間、値段などの違いがあります。

 

ホエイプロテイン

一番身近にあるプロテインで、とりあえずプロテインを選ぶのならホエイプロテインを選んでおけば間違いないと言われるほど一般的かつ王道のプロテインですね!

特徴

  • 牛乳から作られている。
  • 吸収時間がとても早く1時間ほどで身体に吸収される

メリット

  • 値段が手ごろなものが多く、一番手に入りやすい
  • 運動直後にオススメですぐに身体に吸収され筋肥大に好影響
  • 種類が豊富
  • 味がおいしいものが多い
  • 必須アミノ酸が豊富な場合が多く、特にBCAAと言われる筋肥大に最高のアミノ酸も含まれていることが多いです

デメリット

  • 吸収時間が早いため、長時間間食ができない状態は避けたい。

ホエイプロテインさえ持っておけば間違いありません。

日本で見かける代表的なものは


といったSAVASやDNSのプロテインが多いです。(Whey Protein=ホエイプロテイン)

これらをおすすめするかと言ったらまた別の話ですが……

最近だとインターネット上でBe Legendも話題になっています。

これはしばらく自分も使っていました。

カゼインプロテイン

こちらはホエイプロテインも持っていて夜の就寝の時に使ったり、間食の時にホエイと混ぜて使ったりする人が多いのではないでしょうか。あくまでホエイプロテインの補助という扱いのイメージがあります。

特徴

  • 牛乳から作られている
  • 吸収にかかる時間がかなり長い(4時間ほどかそれ以上とも言われています)

メリット

  • 吸収がゆっくりなため、しばらくタンパク質を摂取できない環境でも身体にタンパク質が足りなくなりにくい
  • 筋肉の分解(異化作用)を抑えやすい

デメリット

  • 運動直後に飲むプロテインとして向かない
  • 味があまりおいしくない、ものによってはまずい

ようは就寝する時に飲むよう、またはしばらく間食できないと分かっている時に飲むようです。ただ別に必ずしもなくてはならないものではないので、持っていないトレーニーの方が多いのではないでしょうか。

それに就寝時にはホエイプロテインに牛乳を混ぜたり、一緒に亜麻仁油を摂取したりして吸収を遅くすることもできます。

カゼインプロテイン単体で売られていることは少なくホエイプロテインと一緒に売られていることが多いですね。

ソイプロテイン

女性用のプロテインというイメージが強いです。それはなぜかというと女性のダイエットサイトなどでは、プロテインと言ったらソイプロテインがオススメされているからです。

特徴

  • 大豆から作られている
  • 吸収がゆっくりである

メリット

  • 吸収が早いホエイなどに比べ吸収が遅いので空腹を感じにくい
  • 大豆のイソフラボンの効果が良いものが多い(食物繊維や体脂肪が多少減少しやすくなる効果など)
  • 女性らしい身体を保つのに最適のプロテインと言われているらしい(ソースが明確ではない)

デメリット

  • 粉っぽくだまになりやすい
  • 美味しくない
  • 種類があまり多くない

自分は飲んだことがないのであまり偉そうなことは言えませんが、女性にオススメされる理由がよく分かる気がします。ただ、男性の我々にはあまり関係なさそうです。ホエイかカゼインで十分ですね。

ただ健康志向が強い方には良いのではないでしょうか?

※管理人はソイプロテインは詳しくありません……

エッグプロテイン

日本ではあまり見ませんね。欲しかったら海外サイトで注文するしかないと思いますが、特に買う必要もないと思います。

特徴

  • タマゴが原料
  • 値段はまあまあする
  • 吸収が早い

メリット

  • ホエイプロテインに次いでBCAAというアミノ酸が多い
  • 牛乳アレルギーの方や牛乳が主成分のホエイだとお腹壊しやすい人に向いている

デメリット

  • 日本ではほとんど流通していない
  • まあまあ値段がする

ホエイプロテインで問題ない人が特に買うものではないと思います。

ビーフプロテイン

近年アメリカで出始めてきたプロテインですね。有名ボディービルダーのカイ・グリーンが使っているということで少し注目されました。

特徴

  • 牛肉からできている
  • ホエイ同様吸収が早い

メリット

  • 牛肉由来でビタミンB群が豊富に含まれている
  • BCAAも豊富に含まれている
  • クレアチン(パワーアップや筋肥大、集中力upなどトレーニーでクレアチンを摂取している人は多いです)含有量が多い
  • 脂質やコレステロールが0

デメリット

  • 独特の癖がある味がする
  • 日本でほとんど流通していない

まだまだ未知数な部分も多いビーフプロテイン。これから生産量もどんどん増えていけばより質の良いものも出そうですね。クレアチンが多く入っていることが素晴らしいのですが、味が……不安です。

 

まとめ

ここまで主に5種類のプロテインを特徴、メリット、デメリットにわけてそれぞれのプロテインの違いについて見てきました。吸収時間の違いや味の違いなど様々な違いがありますが、基本的にはホエイプロテイン1つあれば初心者のうちは問題ないでしょう。

ただ自分の体に合うかどうかは試してみないと分からないので注意してください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ