【ランキング】オススメのクレアチンを厳選!!お得で効果的なクレアチンはどこのメーカーの何だ!?


クレアチンは筋トレをするトレーニー、ボディメイクをする人、アスリートにおいても摂取すべき重要なサプリメントとして認識されてきています。

クレアチンを飲むことですぐに簡単にパフォーマンスが上がることが分かっています。

オリンピック選手もほとんどが飲んでいるという話もあるほど安全で効果的なものです。

あなたの筋トレの効果を高めたり、競技力の向上させたりすることは間違いない!それがクレアチンですね。

今回はオススメクレアチンの紹介なので省きますが、クレアチンの飲み方や効果については↓から。

そんなクレアチンの情報に出会った後、考えてしまうのが、クレアチンはどのメーカーの何がおすすめでどこで買うべきか?

そういう問題であるはずです。

今回はその問題を解決するためにランキング形式でオススメクレアチンを紹介していきます!

スポンサードリンク

クレアチンを選ぶ基準

クレアチンモノハイドレート

まずクレアチンを選ぶ基準について話していきます。

モノハイドレートを選ぶ

クレアチンには種類があります。

モノハイドレート、バッファード、ナイトレート、エチルエステルなどです。

しかし、どれもほとんど効果に違いがありません。研究データも多いのがモノハイドレートです。

モノハイドレートが1番安価であるというメリットもあります。

デメリットは水に溶けにくいことですね。

購入する際はモノハイドレートを選べば間違いありません

というかほとんどの商品がモノハイドレートだと感じます。

つまりはコスパ重視でOK

クレアチンの推奨1日の摂取量は5~6gです。それを2~3回に分けて食後や筋トレ後に摂取するのが一般的です。

まずはコストパフォーマンス。クレアチンを飲む人はプロテインやマルチビタミン&ミネラルなど、様々なサプリメントを摂取する人も多いでしょう。

可能であればコスパが良いほうがいいことに違いないですよね!

クレアチンは無味なものが多いです。

味で選ぶことは必要ないでしょう。

プロテインと違って、中身にひどく差があるものではありません

たんぱく質量だ、味、溶けやすさ、微量栄養素、BCAA量、WPCかWPIはどうするか?のように迷うこともないことがうれしいですね。

基本はコスパ重視でよいです。

(関連記事:厳選!!オススメプロテイン【国内・海外製】

厳選!オススメ クレアチンランキング

サプリメントには海外産・国内産(国内産とは言ってもほとんどが海外からの輸入商品)があります。クレアチンにおいてはモノハイドレートであれば基本的に違いがありません

コスパを重視してオススメを選んでいきます。

また、海外製の商品においてはi.Herbというサイトでの商品の値段を表示しています。

1番安く高品質だからです。

(関連記事:i.Herb(アイハーブ)が筋トレサプリメントの購入におすすめな6つの理由

また海外製の商品に関して、日本と比べて安すぎるしよく分からないから怖い!海外製は大丈夫なのか?

そういう質問が寄せられます。

心配いりません。

理由を簡潔にまとめます。

  1. 海外(サプリメントは主に米国製が多い)ではフィットネスやサプリメントに関しての市場規模が日本と違います。需要が大きく、大量生産されています。フィットネスやサプリメントの会社も多く、価格競争が行われ、良質なものが安く手に入ります。
  2. 米国含め海外は訴訟大国です。変な成分が入っていて安全に問題が生じればすぐに裁判になります。だから大きな会社ほど安全であるといえます。

故に海外製だから、米国製だからと言って避ける必要はなく、むしろ良質で安価な製品を買うことができるのです。

日本はまだまだフィットネスに関しては後進国ですからね。

1位 Now Sports Creatine Monohyadrate

 

Now Foods, クレアチン·モノハイドレート、8 oz (227 g)

iHerb Now Foods, クレアチン·モノハイドレート、8 oz (227 g) 約800円

iHerb Now Foods, スポーツ、クレアチン・モノハイドレート、100%純正パウダー、2.2 lbs (1 kg) 約2200円

とても安く、高品質のクレアチン。これを買っておけば間違いないです。

それくらいオススメですし飲んでいる人も多い!

Amzon NOW Foods Creatine Powder, 2.2 Pounds (1kg) 約2700円

Amazonで買うと少し割高になりますが、すぐに送られてくるというメリットがありますね。

楽天だと3800円とさらに高くなります。

 

Now Sportsは海外の有名スポーツブランドです。

品質、値段で見てこの商品は文句なしの1位です!

本当に安いです。あとで紹介する日本製のブランドと比較していただけるとわかりやすいと思います。

クレアチンは1日で5~6gほどの摂取が推奨されます。

800円ほどで1か月半ほどはもちますので非常にお得なサプリメントと言えますね。

2位 Universal Nutrition, クレアチン

Universal Nutrition, クレアチン, 500 g

iHerb Universal Nutrition, クレアチン, 500 g 約1700円

iHerb Universal Nutrition, クレアチン, 1,000 g (1 kg) 約3000円

こちらもかなりコスパが良いですね。

オススメの1つです。

海外製にはほかにもおすすめがありますが、代表的な2つの紹介で終わりにしておきます。

このiHerbは定期的に20%オフのキャンペーンを行っており、大変お買い得になることもあります。その時に安くなっメーカーの商品のクレアチンがおすすめのクレアチンとなることが多いですね。

↑のようにキャンペーンをツイッターで告知しています。

以下は日本製です。

3位 バルクスポーツ

公式サイト バルクスポーツ クレアチン

200g 1944円

500g 3086円

1㎏ 5658円

(2016年8月時点)

Amazon:バルクスポーツ クレアチン 500g 3086円

公式サイトでもAmazonでも値段が変わりませんね。

楽天だと150円ほど高いです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クレアチン 500g
価格:3240円(税込、送料別) (2016/8/20時点)

 

日本市場ではバルクスポーツが最安値でしょう。海外製と比べると割高です。

とはいっても中身はドイツから取り寄せたクレアチンであります。

日本でのユーザーも多いでしょう!

せっかくなので、普段見ることの多い商品も簡単に比較したいと思います。

番外編その他の日本メーカーのクレアチン

せっかくなので、日本で目にするクレアチンの比較でもしておきましょう。

以下のものはオススメのクレアチンというわけではありませんのでご注意ください。

Be Legend クレアチン
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

公式サイトbelegend.jp/creatine/ 300g/2480円。1㎏/6980円

Amazonビーレジェンド クレアチン -be LEGEND CREATINE- [300g] ドイツ製高純度クレアチンパウダー“クレアピュア”TMだけを使用!

楽天ビーレジェンド クレアチン -be LEGEND CREATINE- 【1Kg】ドイツ製高純度クレアチンパウダー“クレアピュア”TMだけを使用!

プロテインは安くてオススメなBe Legend ではありますが、クレアチンにおいてはそうでもありません。ちょっと高めです。

DNS Creatine(クレアチン) 300g

Amazon、楽天ともに3024円ですね。

amazon:DNS クレアチン 300g

楽天:【送料無料!!ポイント10倍】DNS クレアチン 300g

おすすめNo.1のナウスポーツのクレアチンの3倍近い値段がします。高いです。

元々DNSは高価格路線で、ブランド力重視のメーカーなのでそれはそれで問題はないのでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上オススメクレアチンの紹介でした。

やはりクレアチンモノハイドレートでコスト勝負になったら、Now Sportsのクレアチンにかなうところはありませんね(^^)

海外製に抵抗がないのならiHerbでNow Sportsのクレアチンが1番安いです。

日本のメーカーが希望ならバルクスポーツが1番良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ