これがグルタミンの選び方!コスパよし効果よしのおすすめグルタミンを厳選!!

グルタミンは近年、様々なところでおすすめされています。トレーニングをハードにする人、頻繁にする人、ストレスが強くかかる場所(人間関係や仕事など)にいる人など様々な人にオススメできるアミノ酸です。

トレーニング後の回復力アップに大きく貢献するのはもちろん!
何より大きいのは免疫力アップという効果。

だからこそ、筋トレなどでボディメイクをしている人、特に減量中で食事制限している人には必須のサプリメントとなっていますね。

かくいう自分ももともと風邪には弱く、体調をしばしば崩していました。

グルタミンを飲んでいなかった2015年の夏に減量したときはしばしば体調を崩していましたが、今年はそのようなこともなく、グルタミンの効果が全てとは思いませんがかなり影響があったのだなと確信しています(^^)

まずはグルタミンのおすすめを発表する前に、グルタミンの効果と摂取の仕方について簡単にまとめておきます!

スポンサードリンク

グルタミンについて

前回の記事、最強のアミノ酸の呼び声高い、グルタミンの素晴らしき効果、摂取タイミングと量、副作用の簡単なまとめです。

 

グルタミンの効果

最強のアミノ酸との呼び声高いグルタミン。
その効果は健康面でもトレーニングを行うアスリート目線で見ても非常に素晴らしいものです。

  • 免疫力の向上=風邪をひきにくくなる
  • 筋肉のたんぱく質の分解抑制
  • 筋肉のたんぱく質の合成
  • 筋力アップ
  • ストレスの回避

肉体的なストレス=トレーニングでも、精神的なストレス(良好ではない人間関係、環境の変化など)でも体内に必要なグルタミン量というものはふえてしまいます。

その際は筋肉が分解されグルタミンを生み出します。筋肉の分解はボディラインを保つためにも可能な限り避けたいですね。

特に減量中は食事を我慢するだけでもストレスになります。

グルタミンの効果などの詳しい説明については↓にて

関連記事 >
手をたたく 筋肉質な男性
// トレーニーやアスリート目線でのグルタミンの評価をしていきます。 グルタミンの摂取を考えるうえで、グルタミンがどういった効果があるのか、その際の摂取量やタイミングなどを詳しく見ていきましょう。 免

グルタミンの摂取量・タイミング

グルタミンの摂取タイミングにおすすめなタイミングは3つ。

  1. 朝起きた直後の水分補給時
  2. トレーニング後
  3. 就寝前

特に後ろの2つがベストタイミングです。

グルタミンの摂取量は、10~15gが目安です。2~3回に分けて上記のタイミングで摂取しましょう。

プロテインにもグルタミンは含まれているよね?一緒に摂取する場合のグルタミン摂取量はどうすべき?

確かに、グルタミンもプロテインに含まれていますね。筋トレ後は摂取タイミングが被る可能性も高いです。

何も考えずに、プロテインに5g追加して筋トレ後に飲むのも悪くはないと思います。

ただ、気になるようでしたら、プロテインのグルタミン量を考えるのもよいでしょう。

例:1番人気のONのゴールドスタンダードで見ていくことにしましょう。

Optimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダード(至適基準), ダブルリッチチョコレート, 5ポンド(2,27 kg)

Optimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダード(至適基準), ダブルリッチチョコレート, 5ポンド(2,27 kg)

この右上のところに4g glutamine & glutamine acid とあります。グルタミンとグルタミン酸は別物で、私たちが摂取したいのはグルタミンの方です。(たぶんグルタミン量を多く、それっぽく見せるためであると思います。)

では実際にたいだいどれくらいのグルタミンがホエイプロテインに入っているのか?
プロテインのたんぱく質のうち5%ほどがグルタミンと言われております。(後から加えられていなければ)

ゴールドスタンダードは1回25gのたんぱく質がとれますが、そのうち1.25gほどはグルタミンは存在していると思われます。もしかするともう少しグルタミンは追加されていてあるかもしれませんが、その情報はないので……<m(__)m>

筋トレ後グルタミンをプロテインととる場合は、4gほどのグルタミンを別に摂取することがベストと個人的に思います。

ほかのホエイプロテインにおいても同じと考えていただいて大丈夫です。

グルタミンを摂取すべきではないタイミング

ちなみにグルタミンを摂取すべきではないタイミングというのもあります。

それはトレーニング前です。
グルタミンの分解をするとアンモニアが発生しますが、それが疲れに繋がりやすいといわれており、あえて筋トレやトレーニング前にグルタミンを摂る必要はないでしょう。

トレーニング前や中にBCAAを飲む場合もあまりグルタミンが入っていないものが望ましいですね。

また、水に長いことつけておくとアンモニアが発生するともいわれているので、あまり水に溶かしておくこともお勧めしません。

グルタミンを選ぶ基準

おすすめグルタミンの発表の前にグルタミンを選ぶ基準をお伝えします。

  • コストパフォーマンス(値段/グルタミン量(g))
  • 1回あたりの量(4~5gだと嬉しい)
  • 付属のスプーンがついている方が良い(粉末の場合)

ですね。プロテインやBCAAなどと違って、ほとんど基準はありません。とにかく使い勝手がいいことですね。

なぜならグルタミンは味がほぼなく、苦みがない。(味付きが少ない)

グルタミンには2つのタイプの商品があります。
粉末のものとカプセルに入っているものです。

カプセルに入れる手間から、カプセル状のものの方が高いです。基本は粉末の方が良いでしょう。

それではおすすめグルタミンの発表です!

厳選!おすすめグルタミン!

お待たせしました。
グルタミンランキングの発表です。

グルタミンは比較的安価なので手にしやすいですね。

僕の場合はサプリメントは欧米No.1のサプリサイトのiHerbをおすすめしています。

一番安く品質がしっかりしていると感じているからです。初回購入時はKTV372のコード入力で10%オフ

さらに次回購入分の10%分安くなるのでお得なサイトです。

また送料も約4100円以上の購入で無料になるので、2つほど商品を買えば無料になります。

自分の知る限り1番安くなるサイトです。

毎週キャンペーンもやっておりツイッターで紹介しています。
↓は1例

 

Muscle Pharm, グルタミン(300 g)

Muscle Pharm, グルタミン, 成長と回復, コアシリーズ, 0.661ポンド(300 g)

Muscle Pharm, グルタミン, 成長と回復, コアシリーズ, 0.661ポンド(300 g) 2100円(実質1900円弱、初回購入時は実質1700円ほど)

iHerbでの一番人気商品。NO.1です。

他のグルタミンに比べて少し高いのですが、少し特殊なグルタミンである、L-アラニル-L-グルタミンと呼ばれるグルタミンが入っています。
L-アラニル-L-グルタミンというのは通常のグルタミンよりも熱に強く安定し、産出するアンモニアがL-グルタミンよりだいぶ少なくなります。

また、普通のグルタミンは水分中でっも安定しないのですがL-アラニル-L-グルタミンは水分の中でもかなり安定します。

ゆえに少々割高かもしれませんが、間違いない効果と信頼から人気が非常にあります。

私管理人も(2016年11月)現在はこちらを使用しております。(キャンペーンで安かったのもありますが)

  • 300g 付属スプーン1杯5g 60回分
  • マッスルファーム(MusclePharm)のグルタミンは、取り込み、生体利用効率と消化を高めることにより、全身のグルタミンの状況を向上させます。これにより、独自の二つのアレイの純粋ながら相当な範囲の利益を提供する多様なグルタミン複合体を介して、最適な筋肉組織飽和を提供します。MPグルタミンは、最も過酷なトレーニングからでさえも筋肉を再水和、再構築し、より早く、より効率的に回復するよう助けます。とのこと

  • 毎日1‐2回、1スクープ(5 g)を200ml~300mlの水またはお好みのドリンクに混ぜて摂取

Body Fortress, 100% 純グルタミン・パウダー(300 g)

Body Fortress, 100% 純グルタミン・パウダー、 10.6 オンス(300 g)

Body Fortress, 100% 純グルタミン・パウダー、 10.6 オンス(300 g) 約1200円 実質1080円ほど

コスパ最強のグルタミンの1つ。人気No.2

300gでこの値段は安い。安すぎる。

安く済ませたい方はこのグルタミンを飲むとよいでしょう。

  • 66 回分 付属スプーン1回分につき4.5 g
  • 激しいトレーニングは筋肉を損傷します。そして、毎日激しくトレーニングしていると、グルタミン量が減少することもあります。グルタミンは代謝ストレス時に条件的に不可欠なアミノ酸であり、グルタミンを補充することでいち早く体が回復するという事実は、本格的な重量挙げ選手やアスリートたちにとって常識になっています。グルタミンは細胞の燃料として使用され、タンパク質の代謝をサポートし、炭水化物と結合して筋肉のグリコーゲンの蓄えの補充を助長します。さらにグルタミンは、激しいトレーニング中に乳酸を中和する際に重要な重炭酸塩の生成を促進します。
  • 1杯 (4.5 g)を120mlから240mlの水、あるいは好きなドリンクに混ぜて摂取
  • (トレーニング1時間前か)トレーニング後に摂取

口コミでも、この値段でこの品質はありえない、ありがたいなどの声が続出。

迷ったらこれを買えばいいかな、なぜならコスパ最強でほかのサプリにお金が回せそう。

Jarrow Formulas, L-グルタミン, (500 g) パウダー

Jarrow Formulas, L-グルタミン, 17.6 oz (500 g) パウダー

Jarrow Formulas, L-グルタミン, 17.6 oz (500 g) パウダー 約2450円 実質2200円

500gの大容量パック

  • 医薬品グレード L-グルタミン
  • 筋肉組織 & 免疫機能をサポート
  • L-グルタミン – 人間の体にもっとも豊富なアミノ酸 – は、筋肉組織の合成と保護、グリコーゲンの産生、免疫と筋肉ストレス中の免疫サポートを含む多くの代謝プロセスにかかわっている。L-グルタミンは、腸細胞(腸管細胞)の主要供給源であり、それゆえ腸内膜全体のサポート。
  • ティースプーンに1/2 匙 (およそ 2 g) を6 ~ 8 oz の液体に混ぜ、空腹時、トレーニング後に飲んでください。とあるのでもしかすると計量スプーンが入っていない可能性あり。

普通は容量のある商品の方が単価が安くなるのですが、それでもこの商品の方が高いというほど2つ目に紹介した上のグルタミンが安すぎる。


他にもグルタミンの商品はいくつもありますが、特別格安のキャンペーンとかならない限りはここに紹介したグルタミンがおすすめです。

コスパにおいては2つ目のBody Fortress, 100% 純グルタミン・パウダー、 10.6 オンス(300 g)の1000円ちょっとにかなうグルタミンはないんじゃないかな……

その他グルタミン商品一覧はこちらから

まとめ

グルタミンを選ぶ基準

  • コストパフォーマンス(値段/グルタミン量(g))
  • 1回あたりの量(4~5gだと嬉しい)
  • 付属のスプーンがついている方が良い(粉末の場合)

おすすめグルタミン

後は安いキャンペーンの時はツイッターで告知していますのでぜひ見てください!

 

以上、グルタミンの紹介でした。

皆さんのグルタミン選びの参考になれば幸いです。

何か疑問があればツイッターや問い合わせよりどうぞ(^^)/

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ