腸が超大事!?見落としがちな腸内環境への配慮で減量・ダイエットがスムーズに!

腸が超大事!?

ダジャレかよ!?

すみません、ダジャレです。(笑)

でも本当に、腸内環境は大切なんです。

減量・ダイエット中の人は特に陥りがちなのが、
野菜をあまり摂らないこと

去年までの自分がそうでした。

しかし、ダイエット減量において、腸がうまく働く環境ができていないと、
実は減量・ダイエットが思うように進まなくなる

そのようなリスクが上がるのです。

スポンサードリンク

腸内環境が向上することはどんなメリットがあるのか?

まず、簡単に腸の役割を紹介します。

  • 消化吸収……栄養のほとんどが腸で吸収されます。逆に腸がうまく働かないと栄養の吸収もうまくいきません
  • 免疫機能(免疫組織)……栄養分を吸収する一方で細菌やウイルスはその感染を防ぐため吸収せず便として体外に排出します。腸には人体の免疫機能の70%が集中しているとか。

 

あとは腸内細菌、善玉菌、悪玉菌、腸内フローラ

このような言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれが上手く保たれています。

小腸から大腸にかけては、これらの腸内細菌がびっしり存在し、まるで草むら(フローラ)のようであることから、腸内フローラとも呼ばれています。

腸内フローラのなかの細菌は、さまざまな働きで、人の健康に多大な影響を与えています。

最近では腸に関する本も増えていますね。

Amazon:やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実

Amazon:「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法 (単行本)

 

腸が正常に働くことで、

  • 免疫力が上がる=風邪や病気になりにくくなる
  • 栄養がちゃんと吸収される
  • 便秘の解消の可能性

減量・ダイエット中は特に風邪をひきやすくなります。

グルタミンやマルチビタミンを飲むこと免疫力を向上させることも大事ですが、腸の環境を整えてあげることもまた、免疫力向上につながりますね。

腸内環境が悪く、便秘がちな人は、
腸内環境の改善だけでポッコリしているお腹がすっきりする可能性もあります。

減量・ダイエット中は便秘がちになる人が増えます。

そういった人たちはあるものが足りません。

それでは、腸が正しく働くために僕たちが気を付けることはなんでしょう?

腸内環境を高めるために必要なこと

それではどのようにして、腸内環境を整えるのか、よい環境にするのか見ていきます。

  • 食物繊維をとる
  • 発酵食品(乳酸菌など)をとる
  • 適度な運動をする
  • ストレスがあまりかからないようにする
  • オリゴ糖の摂取

この5つが候補に挙げられます。
特にオリゴ糖以外の4つは誰でも可能なので意識次第ですね。

あれ、僕たちトレーニー、ボディメイクをしている人は運動はおそらくOKですね。

筋トレしているので。

問題は食物繊維、そして発酵食品

この2つを全然とれていない人が多いのではないでしょうか?

それでは、具体的に何を食べればいいのか?

オススメの食品を紹介します。
もちろん減量・ダイエット中でも食べることのできるもの中心に紹介します。(糖質制限向けではない)

ブロッコリー 新鮮 ざる

  • ブロッコリー……食物繊維も豊富、その他の成分も優秀
  • ヨーグルト……可能な限り低脂質だとダイエットによい。個人によって合う合わないに差がある。
  • キムチ……低脂質で発酵食品、さらに野菜は低カロリーだし食物繊維もある。乳酸菌も多く含まれる。塩分多いのと刺激があるのでとりすぎ注意。
  • 納豆……ダイエットとしてみるなら脂質が少し高いかも。発酵食品。
  • 玄米……食物繊維豊富な炭水化物源。白米より玄米がダイエット・減量中は本当におすすめ
  • イヌリン……食事から食物繊維が摂れそうもないときは、水分にませて飲みます。

このあたりがダイエットにも腸にも良い食品ですね。

野菜のサラダなども食物繊維を摂取できるものになるので、積極的に食べるといいですね。

朝食はプロテインだけということが自分はよくあります。

その際はプロテインにこのイヌリンを1スプーン混ぜることで、
食物繊維を摂取できるので減量中家に1つあるとオススメ。

1000円しないくらいの値段です。

オリゴ糖については腸内の善玉菌を増やす(=腸内環境に良い)と以下の書籍の中にあります。

フラクトオリゴ糖は甘い特徴があるので、
脂質ゼロのヨーグルトに混ぜて食べようと目論んでおります。

僕たちトレーニーは野菜 or 発酵食品を軽視しすぎている

野菜 ビタミン とまと

MVM=マルチビタミン&ミネラルを摂取しているし、αリポ酸などの抗酸化物質も摂取している
別に野菜摂取しなくても大丈夫じゃないか!?

これが2016年までの自分の考え方でした。

同様に考える男性トレーニー、ボディメイクしている人は多いと感じます。

しかし、有名なフィジーク選手などが、

野菜をしっかりとって減量したら
筋肉の減少量は減ったし、脂肪もうまく落ちた!

そんなことを言っているのを知りました。

減量・ダイエットがうまくいくなら、
自分もぜひ野菜の摂取量に気を遣ってみようかな。

そんな思いで2017年の4月~減量(ダイエット)をはじめました。
するとどうでしょう。

減量が非常にうまくいっているんですよね

思い当たる要因は

  • 野菜=食物繊維の摂取量が増えた(ブロッコリーやサラダ)
  • ヨーグルト毎日食べている
  • キムチもよく食べる(発酵食品かつ食物繊維も取れる)
  • 納豆もたまに食べる

ですね。

結局すべてが腸内環境改善に効果的なものばかりです。

ヨーグルトは、ダイエッター向けなものがいくつかあるのでそちらをどうぞ。

 

これを執筆しているのは2017年5月です。

もちろん野菜や発酵食品が減量がうまくいっている全ての理由
そんなことをいうつもりはありません

様々な要因が絡み合っているはずです。

ただ、前回そこまでうまくいかなかった減量が、今回はうまくいっている!

その中の大きな1つの成功要因として、

野菜や発酵食品の摂取が挙げられているのではないか
今そう考えています。

そして、今回野菜&発酵食品を多く摂取することで改善したこと1つに
腸内環境があるという仮説を立てました。

関連記事 >
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5139703650689807", ena

 

まとめ

腸内環境向上が、あなたの健康を促進する。

腸内環境が悪いと

  • 消化吸収がうまくいかないリスク
  • 体調を崩しやすくなる
  • 便秘気味になる
  • 肌が荒れる

腸内環境をよくするために大切なことは

  • 食物繊維をとる
  • 発酵食品をとる
  • 運動をする
  • ストレスがあまりかからないようにする
  • オリゴ糖の摂取(特にフラクトオリゴ糖がおすすめ)

ダイエット・減量中でも食物繊維がとれる食べ物や、発酵食品は

  • ブロッコリー
  • ヨーグルト
  • キムチ
  • 納豆
  • 玄米
  • イヌリン

などなど。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

もしこの記事がお役にたったら
いいね ! よろしくお願いします

大人気のアカウントをTwitter で
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ