カロリー計算とPFCバランスがわかるおすすめアプリMyfitnesspalが優秀すぎる【ダイエット・減量】

案あd-あーまー

スポーツウェアーで最近頭角を現してきているアンダーアーマー社が運営しているアプリ

“Myfitnesspal” をインストールして使用してみたところ素晴らしく使い勝手が良かったので

是非皆さんに共有したいなと思っております。

(アメリカNo.1のアプリ)

無料と有料がありますが
無料でも使い勝手が非常にいいですよね。

もちろん無料版前提でお話ししていきます。

有料版は中で課金する必要がありますが、無料分で十分効果的で素晴らしい機能です。

是非皆さんのダイエットや減量のお手伝いに役立ててください!

スポンサードリンク

非常に素晴らしいアプリなのでその魅力をお伝えできればと思います。

MyFitnessPal 提供のカロリーカウンター&ダイエットトラッカ

MyFitnessPal 提供のカロリーカウンター&ダイエットトラッカ
無料
posted with アプリーチ

まず初めにMyfitnespalでできることとその魅力をお伝えしていきます。

  • 簡単にカロリー計算・食事の記録ができる
  • 日々の体重をグラフにして、変化を見ることができる
  • もちろん無料(有料版あり)
  • 300万を超えるフードデータを抱える世界最大の栄養・カロリーデータベース
  • サイトのコミュニティを通して、ダイエット中に友達を作れるらしい
  • 食事のデータ入力をする人は減量やダイエットが順調に進む傾向にある
  • 摂取した水分量も記録できる
  • よく食べる食事を登録できて、3タップですぐに読み込める

何故素晴らしいアプリなのに無料なのか?

  1. 中に広告があること(広告収入になる)
  2. 非常に素晴らしいサプリなので課金者も少なくない
  3. アンダーアーマーからメールが来る=売上向上につながる
  4. アンダーアーマーを好きになってもらえる=お店で関連商品を買ってもらえる可能性が上がる

などが考えられます。

アンダーアーマー社も利用者もWin-Winです

無料でもバンバン使っていきましょう!

Myfitnesspalではカロリー計算・PFCバランスが分かる

アイフォン、アンドロイド、PCすべてで使え、クラウド上でどこからでも打ち込むことができる非常に優秀なアプリです。

今回はアイフォン上からスクショします。

まずはカロリー

次は PFCバランス(たんぱく質・脂質・炭水化物)

PFCバランスが分かるのは非常に優秀です。

可視化できて、しかも一目でわかるのは思っているよりもずっとよい。

それぞれの食事においてのカロリー

このグラフが非常にわかりやすく、その日に何を食べたか記録・分析できます。

1日にどれくらい食べるのか自分で数値を設定すれば、

そしてPFCの量(たんぱく質・脂質・炭水化物の量)を設定すればどれくらい足りないのかわかる仕様になっております。

まず、これだけで非常に便利なのですが、まだまだ素晴らしい機能があります!

それは!!

バーコードで商品やサプリメントの情報を読み取り、自動入力してくれる

バーコードがあるメジャー商品だけに限りますが、

バーコードを読み取り、その商品のカロリーやPFCを自動入力してくれるという便利さ

これを使った瞬間思いましたね。

なぜ、今までこれを使ってこなかったのかと。

それくらい使い勝手がよく、簡単に入力できます。

ホーム画面(基本画面)に真ん中下部にある+ボタンを押すと
(以下の画像では×ボタンになっているとこ)

↓のような状態になります。

Myfitnesspal 操作

ここでフードを押すと食事を入力できます。

Myfitnesspal 操作方法使い方

上の画像のバーコードの所をタッチ!

そうすると写真の画面に切り替わり、バーコードを読み取れるようになります。

せっかくなので、近くにあった、現在使用しているフィッシュオイル(オメガ3)を読み取ります。

Myfitnesspalバーコード読み取り

バーコードに照準を合わせると(読み取れない場合は下の数字を打ち込んでもOK)

Myfitnesspal 読み取り瞬間できない

指導で検索され、

Myfitnesspal 読み取り結果

このように自動ですぐに表示されます。

右上のチェックボタンを押せば記録完了です!

アメリカのメーカーの商品なので、自分が所有しているアメリカのサプリはもちろん、
イギリスのMyproteinの商品も問題なくスキャンできました!

もちろん体重のグラフ変動もこれでOK

食事のデータについてばかり記載しましたが、

もちろん体重管理もこれでできます。

Myfitnesspal 体重変動

自分は今まで違うアプリを使用していたのでほとんど使用していませんが、
徐々にこちらに切り替えていこうかなと考えております。

広告が出てしまうのは無料ゆえにしょうがないですね。

嫌な方は有料版にしましょう。
(年間6000円 月額1200円……)

Myfitnespal 料金月額年間課金

Myfitnesspalのデメリット

無料でこれだけ使えれば特に問題ないでしょう。

広告がありますが、それも無料なのでしょうがないことですし、何か行動が阻害されるわけではありません。

自炊の場合は、自分でカロリー計算したり、PFCを知ったうえで入力しなければならないので
そこが少しめんどくさく感じるかもしれませんね。

外食や中食(商品を購入して)がメインの方は本当に使い勝手が良いでしょう。

ただ、1つだけ気を付けることがあります。

あえてデメリットとしてあげるとすれば、ダイエットや減量に対して基本的な知識を持ち合わせたうえで使う必要があるかなということ。

知識がない状態で月に3㎏落とすぞ!なんてアプリの数値上通りに行動すると痛い目を見る可能性があります。

例えば、普通に初期設定をすると、

このような目標設定がされます。

これらの数値は筋肉量が一切考慮されていない、
あくまで目安の数値です。

このアプリは運動の消費カロリー分は食事でとりましょうというスタンスです。

例えば筋トレ(または有酸素運動)で300kcal消費したらその分食べてね!

というスタンスなのが上の画像からわかると思います。

しかし、このアプリ、筋トレ分の消費カロリーは記載されません。

なので筋肉量や運動習慣に応じて、多めにカロリーは摂取したほうがいいですね。

しかも、PFCバランスが良くない
(P=たんぱく質、F=脂質、C=炭水化物)

上の画像の場合だと、

  • 炭水化物 188g/day
  • 脂質 50g/day
  • たんぱく質 75g/day

となっております。

いやいや、あかんやろ!

たんぱく質もっととって、脂質抑えな!!

具体的な変更方法、さらにはダウンロードから初期せて位までの一連の流れ、どういったPFCにすべきかは次の記事で詳しく解説していきます!

次回記事:Myfitnesspalの最初にすべき設定・オススメの使い方&テクニック

まとめ

Myfitnespalでできることとその魅力

  • 簡単にカロリー計算・食事の記録ができる・グラフが見やすい
    Myfitnesspal PFCバランス
  • 体重をはかり、グラフとして変化を見ることができる
  • もちろん無料(有料版あり)
  • 300万を超えるフードデータを抱える世界最大の栄養・カロリーデータベース
  • バーコード読み取りがめっちゃ便利
    Myfitnesspalバーコード読み取り

非常におすすめです。

是非このアプリを使て理想の体を手にする手助けにしてくださいね。

参考になれば幸いです!

関連記事 >
Myfitnesspal アイコン
自分の体の管理やダイエット・減量・食事のコントロールにおいて非常に便利なアプリであるMyfitnesspalの 効果的な使い方やすべき初期設定についてお伝えしていきます。 アメリカ人気No.1の便利なアプリを無料

もしこの記事がお役にたったら
いいね ! よろしくお願いします

大人気のアカウントをTwitter で
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ