カッコいい体を作る方法 筋トレ&食事管理でボディメイクが成功する

カッコいい体を作るにはどうするか?

簡単な方法に騙されるのではなく、本質をこれからお教えしていきます。

イケてるボディ、略してイケボディを一緒に作っていきましょう!

今回のページは本当に基本の話です。

  • カッコいい体を作るのに必要なこと
  • モテる体を作るのに必要なこと

とにかくボディメイクの基本をお伝えします。

スポンサードリンク

結論:筋トレと食事コントロールでかっこいい体を、理想の体を作り上げよう

男性細マッチョ上半身

かっこいい体をつくるには筋トレをして、一般的な男性より筋肉をつける

そして、最後に脂肪を落として、理想の体

というのが単純な工程です。

ただ、これがどうしても数カ月単位、年単位で時間がかかります。

あなたにとっての理想の体型が、
細マッチョであろうと、ちょいマッチョであろうと、がっちりとしたマッチョであろうと、

基本的な行動・スタンスは変わりません。

それは筋肉量の違いです。

ようは筋トレを1年やるか3年やるか5年やるか……
筋トレで鍛えた機関によって筋肉量は大きく変わります

 


これは自分の今までの経過の写真です。
意図的に体重を増やした増量期の写真がないので、常に痩せているわけではないので注意。

あなたが求める筋肉量に達したな
そう思ったら筋トレの頻度を減らして、その体を維持するようにするのが良いでしょう。

カッコいい体にはある程度の筋肉がいる

筋肉にをつけるには筋トレと筋肉を育てる用の食事が必要です。

もし、あなたがガリガリの体がいいというなら、
これからの話はあなた向けではありません。

違うサイトに行った方がいいです。

さて、かっこいい体の写真をいくつかピックアップします。

海での中田英寿 細マッチョ

レイザーラモンHG 肉体美

金子賢の上半身 ベストボディ

marc fitt 細マッチョモデル 筋トレ イケメン

最近の男性に人気がありそうな体の人の写真を集めてみました。

共通しているのは筋肉量が人より多いこと。
腹筋のラインがくっきり見えるくらい体脂肪率が低いこと。(体脂肪率は1桁)

下の写真の体ほど、筋肉量が多いです。

中田選手の体(1番上)が最初に目指しやすい体といえますね。

みんないい筋肉しています。

そして、間違いなくかなり本格的に筋トレしています

こういった体を目指すなら絶対に筋トレが必須です。

最低週に2、3回はジムでトレーニングしている、そうレイザーラモンHG(写真2番目)さんはあるテレビ番組でいっていました。

金子賢(写真3枚目)さんはほぼ毎日筋トレしています。(必ずしも僕たちは毎日筋トレする必要はない)

ただ、週に2~3回は最低筋トレできないと、かっこいい体にはなるのは難しいでしょう。

ただし、絞れていないとお話にならない

筋トレをすることで筋肉をつけることはできます。
(その時筋肉をつけるための食事があるのですが、いずれ紹介)

ただ、筋肉量が増えても、体脂肪率が高くては、かっこいいからだとは言えませんよね。

これ、またもや僕の写真ですが、

筋肉の量は最初の絞れている写真より増えてます。

ただ同時に脂肪の量も増えています。

脂肪でおおわれているので、全然かっこよくは見えないですよね。

やはりかっこよく見えるようにするには脂肪が少ない状態であることも大切です。

というわけである程度筋肉がついたら、余分な脂肪を落としていくダイエット・減量が必要となります。

 

つまり、筋トレである程度筋肉を増やし、ついた余分な脂肪を落とす

カッコいい体へのボディメイクには
このステップが必要というわけです。

 

(※プロレスラー体型を目指している人の場合は、別に体を絞る必要はありません。)

 

この筋肉を増やすための食事や、ダイエット・減量のための具体的な食事はいずれご紹介しましょう。

カッコいい体に作り変えるには、ボディメイクを成功させるには筋トレと食事の基本的なことを知り、実践しなければならない

カッコいい体になるための魔法はありません

カッコいい体に変えるためには

  • 筋トレで筋肉量を増やし
  • 食事のコントロールで最終的に脂肪を減らしていかなければならない

そのためには、
筋トレについてを知らなければならないのかと、

具体的に食事をどうしていくべきなのか知らないといけません。

これから、このサイトではその基本的なことを学べるようにしていきます。

もしこの記事がお役にたったら
いいね ! よろしくお願いします

大人気のアカウントをTwitter で
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ