厳選!!オススメプロテイン【海外製(アメリカ)編】コスパ、質を考えるなら海外製が抜群によし


プロテインを飲もうと思っても、国内~海外産まであり、どこの何を買えばいいのか選択肢が多すぎて困ってしまうと思います。

今回はトレーニーからボディメイクをしている人、ダイエット目的の人までおすすめできるホエイプロテインを中心に紹介していきたいと思います。

値段の安さや美味しさ、たんぱく質含有量など多岐にわたる基準から選びました。皆さんのプロテイン選びの参考になると幸いです。

プロテイン選びの基準

プロテイン種類たくさん選び方

数あるプロテイン。その中から自分にあったものを探すのはなかなか骨が折れますよね。

個人的な違いのある味の違い以外について触れていきます。

まずはプロテインを選ぶ基準について。

プロテインを選ぶ際には外せない条件というものがいくつかあります。

  • タンパク質(20g)当たりの値段=コスパ
  • 美味しさ
  • 溶けやすさ ,混ざりやすさ
  • ビタミンやミネラルなどの微量栄養素
  • WPCかWPI(乳糖がカット)か(どちらでもよい)
  • グルタミン、クレアチンなどが入っているか?(プロテインとして必ずしも入っていれば良いというわけではありません。しかし入っていれば筋トレ後に飲むプロテインとしては最適といえます。)

赤字で記載した通り、とにかくプロテインに求めるのはコスパと質(美味しさ、そして味)ですね。

特にこの2点を重要視した場合、プロテインはアメリカやイギリスなどの海外産が濃厚となります。

アミノ酸の量(BCAAやEAA)はホ原料が同じ場合はほとんど同じですね。
ホエイなら牛乳から作られているのでほとんど似ています。

プロテインのWPCとWPIの違いって何?と言う方は先にこちらをどうぞ

関連記事 >
プロテイン種類たくさん選び方
// WPCとWPI。プロテインを見ているともしかしたら目につくかもしれません。 同じメーカーでだいたい同じ量入っているのに、値段が違う!そう思うこともあるでしょう。 そのような場合もWPCとWPIの違い

ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素はあまり関係ないです。

たんぱく質の代謝にかかわるビタミンB群や抗酸化のビタミンCが入っていればラッキーって感じです。

そしておそらく海外のプロテインが候補に入ってくる方々はMVM(マルチビタミン&ミネラル)も摂取していると思うので、プロテインには言って営る必要は特にないですね。

以上を軸に長所、短所を見極めて、プロテインを選んでいます。

特に値段とタンパク質含有量、そして使いがっての良さ(美味しさ、溶けやすさ)は大きな基準となっております。

ちなみに管理人は2015年の夏頃までは国産のプロテインを飲んでいましたが、それ以降は海外産(というかアメリカ)のプロテインに切り替えています
それはそれなりに量に買う場合は、海外製のほうが質が高くさらにコスパが良いからという理由があります。

海外、アメリカのサプリメントのほうが危険ではないか?そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしことサプリメントにおいてはアメリカのほうが法律が圧倒的に厳しく、安全面でいえば日本より断然信頼できます。

また、市場規模が大きいので、大量生産されており、単価が安い。
つまり私たちでも安く購入できます。

関連記事 >
一人当たり健康関連サプリメント支出額の比較 日本アメリカ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5139703650689807", e

国内のプロテインについてはまた別の記事で記載しているのでそちらをご覧ください。

関連記事 >
一人当たり健康関連サプリメント支出額の比較 日本アメリカ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5139703650689807", e

オススメプロテイン【海外製】

さてさて、筋トレやダイエットなどに関して、フィットネス業界は海外、特にアメリカが先進国と言われています。

日本はフィットネスに関してまだまだ後進国です。当然それに付随するサプリメントに関してもアメリカでは進んでいて、市場がとても大きいです。

つまり高品質なものが大量生産されている分、安く購入できます。

フィットネス、サプリメントの先進国のアメリカでは様々なサプリメントが発達してきました。

需要が日本とは桁違いのアメリカでは、良質で安価なプロテインがたくさんあります!!

基本的に2~3kgほどの大容量のものがほとんどです。

いきなり海外製の物を!というには抵抗があるかもしれません。

しかし、値段と質を求めて行くと、海外製のプロテインも候補に入ってくるでしょう。

どれもたんぱく質含有量が多く20g以上は当たり前、味もおいしく溶けやすくかなり満足できるものばかりです!!

それぞれの会社が拮抗して良いプロテインを出しています。

どれも質が良く、1位といえるほど差別化もできないので、何社かオススメのプロテインを紹介していきます。

とにかく海外のプロテインは思っていたよりもとてもおいしく溶けやすく、タンパク質以外の微量栄養素も充実しているのが特徴です。

送料分少し高くなってしまいますが、それでも日本のものより安くなることがほとんどです!

購入場所・サイト

これから具体的な商品を紹介していきますが、購入場所はサプリメントが格安のiHerb、 Myproteinの2つのサイトがおすすめです。
どちらも日本語サイトですので安心して使用できますね。

image

質が高く安く購入できる、いわゆるコスパの良い商品の購入を考えているトレーニー(筋トレをしている人たち)はだいたいこの2つのサイトのどちらかをつかっています。

詳しくは↓でも説明していますが、

iHerb(アイハーブ) Myprotein(マイプロテイン)
送料 6500円前後ほど以上で無料 7500円以上で無料
届くまで 1週間前後 2週間~
商品数 めちゃくちゃ多い、アメリカ中のサプリがあるイメージ まあまあ多い、全部自社ブランド
安さ キャンペーンによる プロテインは間違いなく安い、ほかはキャンペーン次第
支払い クレジットカード or 代引き クレジットカード

簡単に言えばこんな感じです。その時の値段を見比べて購入を考えてみてくださいね。
場合によってはAmazonにも同じ商品がある場合もあります。(安いとは限りませんが)

関連記事 >
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-5139703650689807", e

人気NO.1 ON(Optimum Nutrition)のゴールドスタンダード iHerb

Optimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダード(至適基準), ダブルリッチチョコレート, 5ポンド(2,27 kg)

Optimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダード(至適基準), ダブルリッチチョコレート, 5ポンド(2,27 kg)

なんといってもおいしいプロテイン!その抜群のおいしさにはファンも多いです。

人気No.1プロテイン

とりあえず初めて海外のプロテインを飲む人には、自分はこのプロテインをお勧めしています。

1回分のタンパク質量が24g値段は7000円前後(僕の買っているサイトでは次回購入時に1割引きで実質6500円前後)

最近はこちらの方が人気なイメージですね。有名You Tuberもこちらを紹介している人が多いです。

まさに王道のプロテイン

iHerbでも、Optimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダードは抜群に人気で,売上No.1

(2016年2月)現在はこちらのプロテインをのんでいます。

WPIという乳糖(プロテインを飲むとお腹を壊す人が一部いますが、その原因)がカットされているので、プロテインでお腹を下しやすい人には特におすすめです。
糖質と脂質の量も少ないのがWPIの特徴。

その分たんぱく質量が多くなるので、使用回数も多いです。

追記(2017年1月):最近ではコーヒー味も出たとのことOptimum Nutrition, 100%乳清, ゴールドスタンダード(至適基準),コーヒー, 5ポンド(2,27 kg)

こちらも日本でいうコーヒー牛乳のような味でめちゃくちゃおいしいと評判です。

ALLMAX NutritionのAll Whey Classic iHerb

ALLMAX Nutrition, AllWhey, Classic, Pure Whey Protein Blend, Chocolate, 80 oz (2.27 kg)

ALLMAX Nutrition, AllWhey, Classic, Pure Whey Protein Blend, チョコレート, 80 oz (2.27 kg)

最近(2016年秋)出てきた格安プロテイン!

個人的にはオススメランキングがあれば間違いなくベスト3入りするプロテインです。

まさかの2.27㎏入っていて5000円前後!!

1回のたんぱく質量は30g。グルタミンも配合されBCAAも問題なし。

ではなぜこれほど安いのか?

それはゴールドスタンダードはWPIという製法で、手間暇かけて糖質(乳糖)や脂質がカットされていますが、こちらは大量生産できるWPCという製法でその分糖質や脂質が少し高めです。

それでもかなり安いです!

糖質の量も、ケトジェニックダイエットをしているわけでなければ気にならないレベル。

味についてはゴールドスタンダードとそれほど変わりありません。(少し及ばないかなという感じ)

おいしいです。

安く購入できるというメリットが非常に大きく、味も中身も試してみたら素晴らしかったので、皆さんにオススメできるプロテインです。

これから有名になってくると思います。その前に先に飲んでしまいましょう!(笑)

ゴールドスタンダードより2000円近く安いのはありがたい。(その分たんぱく質の総量は少ない)

ちなみに糖質と脂質量の差などを比較しておきましょう。(ついでにザバスも)

名称(1回当たりのg) ON Gold Standard(30.1g) ALL Whey Classic(43g) ザバス(21g)
たんぱく質量 24g 30g 15g
糖質量 3g 9g 2.9g
脂質量 1g 2.5g 1.2g
カロリー 120kcal 180kcal 82kcal
何回分あるか? 74回 53回 50回
値段(1割引き適用後) 6500円前後 4600円前後 3800円前後
内容量 2.27kg 2.27kg 1.05kg

 

1回あたりのたんぱく質量が同じとは言えないので簡単に比較はできませんが、それでもかなり安い部類と言えます。

やはり脂質や糖質がゴールドスタンダードに比べ高いですが、この程度の差は気にならなければ、All Whey Classicでもよいでしょう。

自分は安いときに4つほどまとめ買いしたのでしばらくAll Whey Classicになりそうです。でもまったく不便や不満を感じていないのでこちらもおおいにアリだなと考えています。(2016年7月)

ちなみに日本で1番人気のザバスはAmazonで1㎏3800円ほどで、さらにWPCですからね。(ドラッグストアとかだと5000円超える)
上の表を見てもコスパが良いとは言えないですね……

関連記事 >
プロテインシェーカー
// Amazon売上ランキングでは常にプロテイン部門で1位に輝くのがプロテインのSAVAS。 あまりプロテインについての知識がなくてもとりあえずSAVAS買っておこうかな?そう思う人も少なくないでしょう。

 

マッスルテックのプラチナムホエイ、二トロテック iHerb

Muscletech, 100% Platinum Whey, Milk Chocolate Supreme, 5.03 lbs (2.28 kg)

Muscletech, 100% Platinum Whey, Milk Chocolate Supreme, 5.03 lbs (2.28 kg)

実は海外製初のプロテインはこの製品でした。

タンパク質量は24g、値段は7000円前弱ほど(i.herbの1割引き適用で)

糖と資質がかなりカットされているのも特徴の一つ。

チョコレート味とチョコチップ味(のようなやつ)の2種類買いましたがどちらもおいしかったです。

個人的に思い出の品です(笑)

海外製のチョコレート味に、はずれはないですね!

Muscletech, パフォーマンスシリーズ, ニトロテック(Nitro-Tech), 乳清分離株+引き締まった筋肉構築剤, ミルクチョコレート, 3.97ポンド(1.80 kg)

Muscletech, パフォーマンスシリーズ, ニトロテック(Nitro-Tech), 乳清分離株+引き締まった筋肉構築剤, ミルクチョコレート, 3.97ポンド(1.80 kg)

Muscletech, Nitro-Tech™(ニトロテック)、ホエイ アイソレート+ 無駄のない筋肉増強剤、クッキー&クリーム味、3.97 ポンド (1.8 kg)

こちらもマッスルテックのプラチナムホエイとは別のプロテインですね。

最高においしく、最強のプロテインの1つという評判です。

個人的な試した感想は、プラチナムホエイよりも甘みが強いことですね。その分、水でもおいしく飲めることが大きなメリットです。

上で紹介したONのGold Standardを意識してそれを上回る栄養をぶち込みました!そんなプロテインです。

タンパク質量30g、約6800円(アイハーブ1割引きで6100円前後)

タンパク質含有量、BCAA量は言わずもがな。

そしてプロテインにクレアチンも1回分に3g入っている珍しいプロテインなのでクレアチンを持っていないかたには特におすすめといえるでしょう。

ホエイ+ペプチド(アミノ酸とタンパク質の中間くらい、吸収が1番早い)でWPIなのも強いです。品質のわりに値段も5000円を切っていることもあり、安い!

iHerbでは人気No.2のプロテインです。

筋トレ後に最適のプロテインで、今でも自分は筋トレ後のプロテインはニトロテックのクッキー&クリームを使用しています。(2017年3月)

 

以上がiHerbのおすすめのホエイプロテインでした。

下はちょっと趣旨が違いますが、紹介。

コンバット アドバンスト・タイムリリース・プロテイン

プロテインの種類によっては、このような長時間食事をとれないような場合用の混合プロテイン(ホエイやカゼインなどを混ぜたもの)なども数多くあります。
このプロテインは8時間かけて少しずつタンパク質を体に送り込むことができます。

追記:コスパでいえば最安値、Myproteinのプロテインが安い!

2016年11月頃、突如日本上陸してきたヨーロッパNo.1スポーツブランドのマイプロテイン。

キャンペーンを一気に行うこと、有名人とスポンサー契約したことで一気に日本の市場を開拓してきましたね。

そして実際に安くておいしい!

インパクトホエイプロテイン MyProtein

Impact ホエイプロテイン

IMPACT ホエイプロテイン(イギリスNo.1のプレミアムホエイプロテイン)

上のものがWPCで、下のプロテインがWPIです。1回当たりの値段はそんなに変わらないのでどちらでもお好きな方をどうぞ。

Impact 分離ホエイプロテイン

IMPACT 分離ホエイプロテイン

何よりも味の種類が多すぎてもはや意味が分からないくらいです。

50種類近くあります。(インパクトホエイの場合)

そのため気になるものはお試しすることをおすすめします。

困ったらチョコレートブラウニー頼んでおけば問題なし。

2.5㎏ 5㎏といったサイズを選べるのもありがたい!

安いときは5㎏のプロテインが7000円代で買えます!

何よりもそのコストパフォーマンスが素晴らしい!
味に関してはGold StandardなどのiHerb人気のプロテインには多少劣りますが、かといってまずいかと言われれば全然そんなことはありません。
(ゲテモノの味は知りません(笑))

これから日本での使用者がどんどん増えそうなプロテインでもあります。


このようにたくさんの会社から様々なプロテインが出ています。

そんなに違いはなく、その時にキャンペーン等で安いもの、よさそうなものを買ってしまっても特に問題はないでしょう。

初心者の方~上級者まで使えるプロテイン。

それが海外製のプロテインの魅力の一つかもしれませんね!

プロテインは何味を選ぶべきか?

無難なのはチョコレート味。海外産であっても日本産であっても外れはないです。

ただ気になる味や試してみたい味があれば挑戦すればよいでしょう。
その際はまずは小さいサイズのものから購入することをお勧めします。

もし自分に合わないと1~2か月そのプロテインを飲み続けなければならないですからね。

自分はそれで何回も微妙な思い(ストロベリー味などのフルーツ系は人によって好みがわかれる)もしていますので、基本的にチョコレート味、次点でクッキー&クリームのものを使うことが多いです。(クッキークリームは甘いものが多い)


 

 

 ツイッターでセール時の情報を随時更新しています

ツイッターで有用なキャンペーンの時、(↓のように)ばんばん情報を流していますのでよろしければフォローお願いします
(^^)/

そして、ツイッター上ではサプリメントやダイエットについてのアドバイス、オススメか否かなどの質問にもお答えさせていただいております。もし聞きたいことがございましたら気軽にご相談ください(^^)/

@hosomacchokinでやっています。PCの方は横に、モバイルの方は下のほうにツイートが埋め込まれているのでそちらから飛んでいただくこともできます。

その時のセール品はたいていツイッターの上部に固定しています。

 

まとめ

  • プロテインは何を飲んでも本質的にはそんなに変わらなく、違うのは味や使いやすさ、そしてコスパ。
  • Gold Standard、 All Maxなどi.Herbの海外(アメリカ)プロテインは美味しくて質が良くコスパがいい。
  • ゴールドスタンダードが初めての時は一番オススメ。
  • Myproteinが一番安く大量に購入できる。
  • 困ったらチョコレート味が無難。外れなし。
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ