それで結局筋トレしてモテるようになったのか!?25歳男性の思う真実

皆さんこんにちは、いつもはまじめにトレーニングやサプリメント、食事の内容について記載していますが、

そしてこれから筋トレしてモテるようになりたい!!

そう思っているであろう男性達にの1つの参考になればいいかなと思います。

※あくまで個人的な考えなので、絶対ではありませんし、異論もあると思います。

こういう意見もあるのだなという程度に見ていただけると幸いです。

はじめに言っておきたいのが、僕は、
モテるために筋トレを始めました。

そして、モテるため意外の理由が最近ではありますが
今でもモテるためという理由は筋トレを続けている理由の1つです。

スポンサードリンク

結論 筋トレでモテるようになったのか!?

モテる男デスクワークアップル

結論!

確かに以前に比べて多少モテるようにはなったし、女の子には困らないようにはなった。

でもそれが筋トレだけの影響かと言ったら、それは違う!

これが今の私、ゆもの結論です。

筋トレだけしてモテるということはないです。

筋トレがきっかけになることはあるかもしれません。

世の中には筋トレだけしている人がたくさんいます。ジムには筋トレ命みたいな人がけっこういます。

そういった人たちがもてているかといわれればそうでもないはずです。(そもそもモテるためにやっているかも別)

そもそもモテている人たちが筋トレすればそのままモテますし、もっとモテるかもしれません。

でもモテなかった人たちが筋トレしても、モテないマッチョになって終わりの可能性が高いです。

お前何言ってるの?それはお前の体がしょぼいからじゃねえの?

夢見させろ!!

と思われる方もいるかもしれませんね。

とりあえずここまでの肉体変化を載せます。

私、ゆもの肉体改造の経緯

さて、前回の記事、減量の総括でも一部お話いたしましたが、

肉体改造を始めてだいたい3年くらいたちました。(ジムに通いだして本気でやっているのは2年くらい)

はじめはこの体からスタート。

きっかけは彼女の前で脱いだ時に恥ずかしい体だな、と薄々思っていたところ、古くからの友人とプールに行った際に

お前の体やばくね?太ったな

そういわれたことです。

自分の中では衝撃でした。

変わろう!そう思ったのがきっかけです。

これが初期の画像(肥満一歩手前≒体脂肪率24%くらい)

ここから段々と筋トレと食事のコントロールで変わってきました。

増量・減量繰り返しています。

細マッチョ 肉体改造

これが2年後くらい

ダイエット後After

20177月 Before & After

Before&After

最後の2枚が2017年のもの。(自宅で軽くトレして1年+ジムで週3くらいでトレーニングするようになって約2年)

関連記事

筋トレガチ勢からすればまだまだの体ですが、
ベンチプレス100㎏なら数回あがる体です。

一般人からすればマッチョ呼ばわりされることもある体になりました。(マッチョ界では細マッチョもいいところ)

ただ、この体でも普通の服を着ていれば少しガタイがいい程度で、腕も太いねといわれるくらい。

海とかいかなければ、脱ぐ機会もありませんし。体を披露するタイミングもありません

海では確かに女性からの受けはよかったですが年に3回程度。

はっきり言えば、女性に体を見られる機会なんて、海に行った時と深い仲になってベッドの上で脱ぐ時くらいです。

海は別として、そもそも体を見てもらう時があまりないんですよね。

ベッドの上で脱ぐ時なんて、そもそもある種モテた後といいますか、女性にいいなと思ってもらったり、魅了できたりした後の話です。

つまりいいなと思ってもらった後に、さらにこんないいカラダしていたんだ!という加点にはなりえますが、かっこいい体だからモテる!という図式にはならないわけなんですよ。

男が思うカッコいい体と女性が思うカッコいい体の違い

残念ながら男性が思うほど、女性は筋肉に対してそこまで関心がないし、興味もない。

まあいい体しているよね。くらいで終わりです。

あと、男女ともに理想の異性像が異なるということも覚えておく必要があります。

これはイギリスのある下着会社の調査結果です。

なぜブリーフなのだ

理想の男性像イギリスの比較データ

左の人物が女性が思う理想の男性像

右の人物が男性が思う理想の男性像

今回は男性の理想像について触れていきます。

何が言いたいか?

女性は男性が思うほど、筋肉を欲していない

これはイギリスのデータです。

フィットネスも盛んで欧米同様、男性は若いうちから筋トレを始めます。

マッチョこそ正義。そんな文化(たぶん)のイギリスですら、女性は男性が思うほどの筋肉はいらないと考えます。

これはフィットネスに関してまだまだ伸び盛りの日本はなおさらと考えます。

特に日本の俳優は非常に中性的で、筋肉なんか関係ない俳優が人気なので、
まだまだ筋肉が求められるようになるには時間がかかると思います。

人気俳優ランキングなんか見ても筋トレとは無縁そうな方が多いです。

それじゃあ、僕たちがしている筋トレは無意味なのか?

そう思われるかもしれませんが、そういうわけではないです!

 

You Tubeで筋肉質な男たちにモテるか否かの質問をしたら、
男からの支持が絶大です

なんて答えがあるくらい、体だけでモテようとは考えてはいけないのかもしれません。

今だから思う筋トレが僕らに与えてくれるもの、もたらしてくれるもの

ナロウプッシュアップ狭い腕立て伏せ

それじゃあ筋トレが意味ない物か?

といわれえばそういったものではないと考えます。

筋トレが短期的なモテにはつながらない、というのが個人的な意見です。

  • 大前提としてある程度筋肉質な体になるためには時間が非常にかかる(年単位)
  • 肥満気味の人が体を絞るだけでも、本気でコミットして2~3か月かかる

しかし、長期的見れば非常にメリットがあります。

  • 周りの男性よりも圧倒的に男らしい体になる(=自信にもなる)
  • 睡眠や食にこだわるようになる。(健康的にもなる)
  • ビタミンなども摂取するようになる(=結果的にアンチエイジングにもなる)
  • 正しい努力をすることが正しい結果に結びつくことを実感できる
  • 体型コントロールが思いのまま
  • 男性ホルモンテストステロンの分泌
  • ストレス発散&やる気アップ
  • 集中力アップ など

筋トレで一番のメリットは自信がつくことにあるのではないでしょうか?

女の最高の武器は笑顔、男の最高の武器は自信

こんな言葉があるくらい(あったはず)、男は自信のある堂々たる振る舞いが魅力的にうつります。

体型がコンプレックスだったり、周りの男に劣等感を抱いていたりする場合、

筋トレして強い体を手に入れることによって自信がつく人が多いのではないでしょうか。

その自信は、単純な体だけではなく、その長くつらい過程を乗り切っていることでの自信であったり、にじみでる男性ホルモンであったり……

筋トレに限らず、常に自分を磨くうえで漂う風格のようなものも出てくるのかもしれません

他にも色々メリットはあります。

人間は、20代を過ぎていくと、基礎代謝が下がっていきます。

20代と同じ感覚で食べているとみるみる太っていきます。

これはどうしようもないことです。

しかし長期的に筋トレをしていると、自分で体型をコントロールできるようになります。増量も減量も思いのままですし、少し太ったなと感じても食事のコントロールで体型を元に戻すなんて簡単です。

さらに普段から筋トレをしている分、太りにくくなります。

悪く言えば燃費が悪い体になっているので、簡単に太りません。

普段から無駄に脂質の高いものを食べる機会を減らすようになるでしょう。

何も努力せず、ぶくぶく太っていく周りの30歳前後の人たちとは明らかに体つが・雰囲気が違います。

たいていの人はブヨブヨしている体つきで丸い顔よりは
締まっている体で、かつ痩せている顔のほうがモテます
まあ当然っちゃあ当然ですね。

これは筋トレというかダイエット・減量ともかかわる話ですね。

それだけでも圧倒的なメリットです。

食や睡眠にもこだわるようになるので、それだけでも圧倒的に健康的になります。

また、体に悪いものを摂取する機会が減り、体に良いものを食べることも増えるでしょう。

かなり見た目が若々しい人が多いのも事実です。(日焼けしすぎるとシミしわになるのでそういった面では注意)

そして運動は脳の活性化にもつながりますし、ウツなどの防止にも役立ちます。

当然ストレス発散にもなります。

 

他にもたくさんありますが書ききれないので、また詳しくはいずれ機会があれば。

 

露骨に見せびらかしたり、無理やり触らせたりしたくなりますが、一回でもやったらすぐにきもい筋肉バカ扱いされます。

注意ですね。

あくまで謙虚に。

じゃあ結局どうすればモテるのか?

筋トレが長期的にモテにつながり、人生を色々プラスに彩ることは分かった!でも結局モテるようになるにはどうすればいいの?

結局本質的に常に自分を高めるということが大事だ、そう自分は考えます。

モテるための努力は短期的に結果が出るもの・長期的に結果が出るものの2つがあり、色々な項目がありますよね。

すぐにかえることができるもの

  • 髪型(さっぱりとして清潔感のあるもの or オシャレな髪型に)
  • 服装(マネキン外でもなんでも、こちらも清潔感意識。服屋に見繕ってもらっちゃえ)

この編は主に清潔感に関してですね。

中・長期的にかえることができるもの

  • 体つき(ダイエット含む)
  • 考え方・マインド
  • 収入・経済力
  • 自信
  • 立ち振る舞い
  • コミュ力
  • 経験

など、まあ色々あります。

本当に表のざっくりした部分しか書きませんが、反響があれば色々深堀したいと思います。

結局正しい努力と場数を踏む必要があるかなとは思います。

長期的に見れば、筋トレは必須だと思います、でもモテたいのなら筋トレだけやっても駄目です。

特に根本的な考え方がかなり基本です。

この成功できる考え方があれば間違いなく成功します、でも考え方が悪いとそもそもなにも成功できない。

早急にかえた方が良いでしょうね。

ビジネスや仕事、恋愛、筋トレなんでもそうですが、正しい考え方というものがあり、
成功する人には成功する人共通の考えがあります。

 

恋愛本だとこれはおすすめ。

方法論としては賛否両論ありますが、男女が根本的に違うことを理解できます。

そしてモテとは何か?という生物学的なたとえも分かりやすい。

特に女性が理解できないというあなたには、一読の価値あり。

自分の過去の恋愛がうまくいかない理由が腑に落ちました。

恋愛の枠を超えて学べることが多い本です。

小説なので読みやすさもあるかな。

 

安定のDaigo本

どちらかというと、心理学の本

心理学の見地から効果的なアプローチ方法がいくつか乗っているので、結構使えるテクニックが。

まあ他にもあるのですが今回はこのくらいで。

スポンサードリンク

終わりに

筋トレだけで単純に異性にモテるようにはならない。

でも、筋トレすることで、長期的に見ればモテにはつながる可能性は上がり、何より人生の質は間違いなく向上する。

女性にモテたければ、筋トレだけでなく、様々な角度から自分自身を磨くこと。

女性を知ること。(特に男女は構造が違うし、男性からしたいい男と、女性から見たいい男が必ずしも一致しない)

あたりが大切かなと思います。

参考になれば幸いです。

もしこの記事がお役にたったら
いいね ! よろしくお願いします

大人気のアカウントをTwitter で
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ