あなたの理想の体になるために必要な筋肉の量とかかる時間をイメージしよう

今回はボディメイクをするうえで、理想の体になるためにどれくらいの時間がかかるのか

おおよその目安を紹介していきます。

あなたの理想の体になるためのゴールを見つけて、
そこから逆算できるようにすることができるようにすること。

自分の体を変えるためにだいたいどのくらいの時間がかかるのかの目安を知ること。

今回はこの2つを目標にしていきます。

もちろんこれから紹介する体になるために筋トレ×食事の管理が絶対に必要になりますね。

スポンサードリンク

面白いツイート発見

少し過激ですが、
面白いツイートを見つけましたので共有します。

画像をピックアップしましょう。

ガリガリ男性写真 イケメン

引き締まっている男性 もてボディ

細マッチョ いけボディ

まあいくつか突っ込みどころがありますが、

日本の女性からしたら、がりがりの人が細マッチョですね。2段階下です。

そして、ある程度トレーニングしている自分からしても、
引き締まっているの画像が細マッチョでいいと思います。

細マッチョの画像がマッチョです。

だって、日本のフィジーク選手のエドワード加藤さんが細マッチョ扱いされていますし(笑)

左上の方です。大変人気の方ですね。

※フィジークというのは、マッチョ界のマッチョを決める大会です。

ちなみに他にはベストボディやサマースタイルアワードというマッチョ界の細マッチョを決める大会、
ボディビルはマッチョ界のゴリマッチョを決める大会があります。(イメージ)

マッチョマッチョうるさいと思われたかもしれません(笑)

ただこれらの画像は分かりやすいのでこれを参考に、これらの体になるためにどれくらいの期間がかかるのか目安を紹介しましょう。

締まっているといわれる画像(=細マッチョ・ちょいマッチョ)!?になるためにかかる時間の目安

引き締まっている男性 もてボディ

たぶん僕のサイトを訪れる人の大半はこの締まっているくらいの体(=細マッチョ・ちょいマッチョ)、
または次に紹介する画像の体の人がほとんどだと思います。

これはもちろんあなた自身の現在の

  • 年齢
  • 体脂肪率
  • 筋肉量
  • 筋トレに費やすことのできる時間(週に何回筋トレできるか?)
  • 食事管理にどこまで取り組めるか(仕事の関係での会食や飲み会・家庭環境によって異なる)

といった個人差があるので、あくまで目安としてとらえてください。

一般成人男性の設定を、体脂肪率20~25%程度(肥満手前)、ほとんど最近は運動していない人
上の写真のような体になりたくて、ジムに週に2~3回通う とします。

↓こんな感じ

この人が上のような写真の体型を目指すとしたら、まず足りていないものは

目標体型に足りていないこと

  • 筋肉量 (除脂肪体重=脂肪を除いた体重)
  • 体脂肪率の高さ(10%程度かそれ以下に減らさなければならない)

まずは筋トレをして、ある程度の筋肉をつけることが必要ですね。

はじめにいきなり体を絞ってもよいのですが、筋肉がない状態で脂肪を落としていってもガリガリな体型になります。

ただまず痩せることを目標にしている場合はそれも大きなモチベーションになるので良いでしょう。

やらなければならないこと

  • 筋トレ(胸・背中・肩を中心としたウェイトトレーニング)
  • 食事管理 (筋肉をつける食事 or 脂肪を減らす食事)にして体を変えていく必要があります。

具体的な筋トレ方法や食事方法は別の記事で解説します。

これらのことを適切に行ったうえで、

1~1.5年前後でこの程度の体になれるでしょう。
(もちろんボディメイクにさける労力・時間には個人差が大きいです。半年もあれば近づける人もいれば、2年近くかかる人もいます)

分かりやすい数値でいうと

  • ベンチプレスで80㎏かそれより少し重いものを持てる程度の胸筋
  • 70㎏程度の体で5回程度チンニングできる程度の背中の筋肉
  • それと同レベルの肩の筋肉(サイドレイズは数値化しにくいので具体的な数値は出しません)

とざっくりと1つの目安として考えられます。

細マッチョといわれる画像(=実際にはマッチョですね)の体なるためにかかる時間の目安

細マッチョ いけボディ

この写真の中の左上のエドワード加藤さんの写真だけ別格ですね。

特に肩の筋肉が半端ないし、体脂肪率の絞りも相当削ってます。

全体の平均くらいのお話で進めていきます。

上で紹介してた人達よりも筋肉量が多いのが分かります。

胸・肩・背中・腕にかけて大きく発達していますね。

ただ、体脂肪率はそんなに変わりません。少し低いくらいです。

こちらの人たちも10%かそれ以下くらいです。

だいたい7%前後じゃないかな?

ここまでの体にするべきことは今までの延長線上にあります。

  • 筋肉量を増やす (除脂肪体重を増やす)
  • 体脂肪率を減らす (7%前後)

この2つを満たせば上記の写真のような体を手に入れることができるでしょう。

さっき紹介した締まっている体の人たちが結構本気でトレーニングと食事管理をして、

2年後くらいになれる体のイメージです。

つまり、初心者の状態からはしっかりトレーニングと食事管理をして
3~4年 かかる
という予想です。

もっと時間がかかる人も少なくないと思います。

思っていたよりも時間がかかるじゃん!

そうお思いのことでしょう。

そうなんです、簡単に筋肉って増えないんですよね、残念ながら。

勝手な予想ですが、このレベルの体になるにはBig3の重量が

  • ベンチプレス120㎏
  • デッドリフト200㎏
  • スクワット160㎏(足見えないけど)

くらいかのように感じます。

 

それ以降のマッチョの画像については+2~3年

ゴリマッチョの画像についてはステロイドを使用しないとあの領域にはたどり着けません。
使ってもたどり着けるかどうかです。

まあそこまで目指している人はさすがにいないと思いますが(笑)

ある程度の知識がないとボディメイクにかかる時間はどんどん長くなる

僕は完全に独学で筋トレとボディメイクを始めました。

情報も断片的なものしか頭に入れなかったので無駄が多く、
成長には人より長い時間がかかりました。


特に自宅でだらだら筋トレをしていた1年目はそんなに成長していません。

体が少し絞れて、筋肉が少し増えたくらいです。

今でも後悔しているのは

  • もっと早くからジムに通ってBig3を中心とした筋トレをがっつりやっていればなー
  • 栄養の基本知識をもっと早くから勉強しておくんだった

1年目っていうのは1番筋肉が成長します。

そして年々筋肉がつくことのできる量は減っていくのです。

この時に正しい筋トレができることというのは非常に大きなアドバンテージになります。

今となってはどうしようもない後悔ですが、読者のあなたには僕と同じような後悔をしてほしくないのでお伝え知っておきます。

ちなみに僕の最初の目標はMarc fittでした。

拾い物ですが↓この画像もいいかなと思っています。

結論

正しいトレーニングと正しい食事管理を数年し続けて、
ようやく自分の理想の体にたどり着けるというわけですね

理想の体目指して頑張りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ